teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


久しぶりにファルトを組んで

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 7月23日(金)21時58分12秒
返信・引用 編集済
  明後日は、阿武隈川いかだ下り大会。今年は、ミチヤは、昨年新しく買った、1人艇で出場、キィウイ-Ⅱは、従兄弟夫婦が乗ることになり、私は何年かぶりに、フジタのPE-430に乗ることになりました。それで、今日帰ってきてから久しぶりに組んでみたら、・・・いやぁ・・ それなりに時間がかかってしまいました。私が最初に乗ったフネは(フジタ)ビクターGSでSS-1やKG-1のご先祖様で、木製フレームのフジタ標準タイプ。今年も最上川では、北日本カヌークラブのIさんやUさんがKG-1やSS-1に乗っていて、組むときお手伝いしたりして、・・なにより、木製フレームは部品点数が少ない。それに比べて430は艇長が長い割りに収納寸法は短いので、部品も少し多く、・・・久しぶりなのでちょいとてこずりましたが、・・そこはフジタ、木製フレームから移行しても、似たような手順で組めるようにはなっています。とはいえ、部品点数の多さは、直接組立て時間の増につながり、・・・・物欲の虫がうづき・・KG-1あるいは、その後の木製フレームモデルが欲しいなあ・・・などと。
 最初のビクターもまだきれいで、使えるけれど、一寸小さ目かなあ・・・・などと、年に2回程度しか漕がないのに・・なのでした。
写真はひと汗かいて、組みあがったPE-1-430です。さすがハイリットフレーム 長くても軽いです。
明後日は、3艇積んで、丸森橋下の河川敷へ。
 
 

Re: お世話になりました!

 投稿者:くまきち  投稿日:2010年 7月 7日(水)23時42分7秒
返信・引用
  > No.89[元記事へ]

いやはや!、なにげに写った後ろの、石立モジャくまきちです。
心配しながら期待していた沈もなく悠々のゴールインおめでとうございます。!
ジャンケン大会でもそこそこの商品を獲得してましたね。
来年は、フルコースで!!
また山形でお会いしましょう。
 

Re

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 7月 7日(水)18時34分55秒
返信・引用 編集済
  いしだ(妻)様書き込みありがとうございます。
顔と名前が一致ししない若年性「痴崩症」の私ですが、・・・「みごと沈未体験」のご夫婦の方ですよね。いやぁ最初の瀬のところは、毎年「沈」しなくても、2人艇のような開口部の広いフネですと、姿勢を崩さなくても水をかぶって、浸水・水没刷るフネが出るところです。今年も、リンゴ屋さんのチームが水没してましたよね。(リンゴ屋さんHPあるようですね。ここですね→http://ringonoen.com/aisatu.aspx)うちでも数年前に一度、水没一歩手前になって、すぐ下流のところで、水出しをしたことがありました。
ところで、今年初めて、・・かぬー「所持」歴30余年で初めて、・・・・フネの上からの動画も撮りました。フネのデッキにデジカメを取り付けて、瀬に突っ込むところを動画で撮りましたが、再生すると「あっという間」でした。なんとか公開したいのですが、大きすぎてここに載せられません。CDに焼くことも検討してみます。
25日は阿武隈川いかだ下りですので、その写真もここにアップしたいと思っています。
よろしければこの掲示板ご活用ください。
よろしければ、写っている写真をメール添付で送付いたします。
 

お世話になりました!

 投稿者:いしだ(妻)メール  投稿日:2010年 7月 7日(水)13時24分2秒
返信・引用
  カヌーフェスタwithさくらんぼでは大変お世話になりました!
初めてのカヌー川下り、とっても楽しかったです☆
また来年よろしくおねがいしま~す!
なにげに私たち写真に写っちゃってますね!*^_^*
 

カヌーフェスタwithさくらんぼその4

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 7月 4日(日)22時19分37秒
返信・引用
  今年は、川の上の写真がほとんどありません。カヌーのデッキに防水デジカメをセットして、瀬に突っ込むところを動画で撮ろうとしたため、なのです。
という訳で、じゃんけん大会が終わって橋の下で一休みのところの写真をアップします。
このあと、すぐそばのひまわり温泉に入って、その後また、近くの蕎麦屋で山形にしかない「肉そば」を食べました。・・食べ終わってから、肉そばの写真を撮ことに気づきましたが、後の祭りでした。
 

カヌーフェスタwithさくらんぼその3

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 7月 4日(日)22時13分44秒
返信・引用
  順不同ですが、・・寒河江のSAに隣接したチェリアパークでテント泊、朝早く起きてテントを畳んで、大江町にカヌーを運んで、運転手のみゴールの中山町の河川敷公園に車を回し、・・送迎バスで再び大江町へ。最終バスは08:20・・・逆算すると 7時前にはチェリアパークを出て大江町に向かわなくてはなりません。途中でコンビニに寄って朝飯を買って・・・フネを降ろして、・・・忙しいです。
写真は送迎バスで中山町から大江町(左沢)に向かうところです。
 

カヌーフェスタwithさくらんぼその2

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 7月 4日(日)21時41分41秒
返信・引用 編集済
  体験試乗会の様子です。今年は私の都合で仙台を13時近くに出たので、「体験試乗会」も終了時間前の少しだけでしたが、ミチヤクンは今年の初漕ぎだったの川の状態を身体で感じるのにはちょうど良い機会でした。
いつもレスキュー・サポートをしてくださるYCCのEさんは、このあと、御岳に向かわれたとか。
 

カヌーフェスタwithさくらんぼその1

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 7月 4日(日)21時35分29秒
返信・引用
  今年もやってきました。最上川。今年のメンバーは 庄内組がIさん、関東組が Uさんとくまきちさんそして、宮城組は、渋決櫂面隊の私達2名です。
天気予報の予想では、開催さえ危ぶまれるところでしたが、なぜか、前日も日が差して、室内で前夜祭の1次会の時に少し雨が降りましたが、野外の二次会のときは雨も上がり楽しい前夜祭となりました。・・・なぜか前夜祭の写真はありません。
ということで、開会式の時の様子です。・・・未知哉クンを除いてほぼ50台なので、木陰でたたずんでいます。
なぜか未知哉クンは受付のお姉さんと一緒に受付のところに座っていました。
 

今年の秘密兵器 続き

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 7月 4日(日)21時24分6秒
返信・引用
  まず、写真を見てもらいましょう。早い話が、カヌーを軽量梯子フレームに載せただけです。まん丸くて長いいカヌーを1BOX車の屋根に載せるのに、真ん中のコックピットを持って、「えぃ!やぁ!」と揚げられたのは昔の話。腕の力が昔ほど無くなった、50台後半の・・・いつのまにか、スキルは全く上達せずに歳だけ重ねてしまいました。・・・・おじさんにとっては、このような補助フレームに載せて、ずりずりと車の後ろから、引きずりあげる方が楽だし、立てる事も出来ます。  

今年の秘密兵器

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 6月28日(月)20時03分58秒
返信・引用 編集済
  その1、
昨年は(加齢によると思われる)体力低下で、フネを屋根に載せるのに苦労したので、秘密兵器を開発しました。
ヤザキのイレクターパイプで製作した幅の広い梯子状のもので、長さは3m・・・4mのパイプが売ってなかった・・・それにキィウイⅡをうつ伏せにして載せてベルトで固定すると、横に倒れにくくなるので、ずりずりと、正面から、引きずり上げるようにして、車の屋根に載せるのです。
 まぁ、息子にソロで出てもらえば、問題はある程度解決するのですが、・・・・ちと怖い・・レスキューする体力もなくなってきているし、・・・・。
写真はまだ未完成なのですが、テストしてうまくいきました。あとは、発泡スチロールとベニヤの板を取り付けるのみです。
その2、
防水デジカメなので、フネにカメラ取りつけ金具をつけて、瀬の中に突っ込むところを動画でとって、美味く撮れれば、you-tubeに投稿とか・・・・・一応作ってみたのですが、・・これは動作確認してないのです。
 

Re さくらんぼカヌー

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 6月28日(月)19時54分40秒
返信・引用 編集済
  渋決櫂面隊です。当日朝から行くつもりだったのですが、アコーディオン教室が、11:00-12:20まであるので、その後に、直行で、いちばん近くの仙台南ICにぶっ飛ばして・・・・と言っても高速道路で最高速度70km/hですが、・・・行きます。屋根にフネを載せて、荷物満載で、息子も連れたまま教室に行って、でも、楽器はは炎天下の車の中では、蝋が溶けてしまう恐れがあるので、教室に頼んで置かせて貰って・・・・そちらに着くのは14時頃・・・体験試乗会にかろうじて間に合いますが、「寒河江市民浴場」には・・・行けるかなぁ・・・温泉のはしごになりそうです。  

さくらんぼカヌー

 投稿者:くまきち  投稿日:2010年 6月27日(日)21時33分19秒
返信・引用
  北日本カヌークラブの皆さん、お久しぶりです。関東のゼッケンNo,5番のくまきちです。
今回、初投稿します。ゼッケンNo,3番の彼の分まで、川下りしたいと思います。
現地で合流しましょう。
 

いかだ下り大会エントリー

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 6月18日(金)04時58分44秒
返信・引用 編集済
   昨日、所用があって午前中休みを取ったので、ついでに、角田市役所まで行って、「阿武隈川いかだ下り大会」の申込をしてきました。今回は、「渋決櫂面隊」のほかに新規筋の1チームも参加することになり(引きずり込んだ)彼らの分も一緒に申し込んできました。  

阿武隈川いかだ下り大会

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 6月 5日(土)17時00分58秒
返信・引用
  KNCC渋決櫂面隊です。本日阿武隈川いかだ下り大会の申込用紙が郵送されてきました。
申込は既に5/28からけ付ているようですが、角田市のHPにはまだ載ってません。・・・・多分担当係が忙しくてまだアップしてないんでしょうね。予定は前もって決まっているようで県の広報には載ってましたので、そちらのWebサイトを載せておきます。http://miyagi-kankou.or.jp/wom/ser.php?sf=2&cid=964&cfg=1
なお、申込書の画像載せておきますが、角田市役所商工観光課(だったと思うのですが、・・・上のサイトに書いてありますね。)にお願いして、要綱と参加申込書を送ってもらってください。 申込期限は7月14日まで 参加費は「自然満喫部門」で1人1300円です。渋決櫂面隊は、来週過ぎあたりに申し込む予定です。
 

ご無沙汰しております。

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 6月 5日(土)05時53分18秒
返信・引用
  最上川様ご無沙汰しておりました。いつの間にか、カヌーフェスタまであと1ヶ月になってました。まだ初漕ぎしてません。もしかして、カヌーフェスタが初漕ぎになったりして・・・・。
さて、昨年息子に1人艇を買ったのですが、・・・最上川に1人艇で出してよいものか悩んでおります。昨年の阿武隈川では1人艇で出したのですが、・・・・最上川はそれなりにチンの確率が高いですし、私も以前クラシツクフジタの時は、怖かったですね。まぁファンカヤックですから、幅は広いのですが、・・・やっぱりキィウイⅡで、後ろに乗ってた方が安心は安心です。でもキィウイⅡの場足、数年前のように、水量によっては、チンはなくても「波をかぶって水没」という事態は考えられますから、結局キィウイⅡになるのかなあ・・などと思うしだいでありました。
 

ヽ(´ー`)ノ オヒサー

 投稿者:最上川  投稿日:2010年 6月 4日(金)00時59分41秒
返信・引用
  御無沙汰してました、本当にお久し振りです。

はや今年もカヌーフェスタの時期ですねぇ
この間余りに募集の案内が無かったので問い合わせしましたら
明日から行いますとの事でしたが、案内状まだ届いてません。

阿武隈の川下りにも参加しようと思っていますが…
 

申し込みました。

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 6月 1日(火)21時31分33秒
返信・引用
  渋決櫂面隊です。カヌーフェスタwithさくらんぼ2010、昨夜、早速申込用紙をダウンロードして、必要事項を書き込んで、FAXで申し込みました。振込みのほうは、今日忙しかったので、明日にでも振り込む予定です。  

カヌーフェスタゥイズさくらんぼ2010

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 5月31日(月)19時33分30秒
返信・引用 編集済
  カヌーフェスタゥィズさくらんぼ2010 の開催ニュース
本日、山形カヌークラブのサイト・・・・・http://y-canoe.com/FESTA2007.html・・・・・・を覗いたら、今年のカヌーフェスタの募集要項がありました。7月3日~4日です。
北日本カヌークラブの皆さん、ふるって参加いたしましょう。
申し込み用紙はダウンロードしてください。
 

画像が小さいので文字で

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 4月 2日(金)21時47分28秒
返信・引用
  > No.73[元記事へ]

アップします。

日時: 7月25日(日) 9時~14時
会場: 阿武隈川
   丸森橋した河川敷~角田橋下流河川敷
問合:阿武隈川いかだ下り実行委員会
   角田市商工観光課内 0224-63-2120
   丸森町産業観光課  0224-72-3017
ということです。
 

2010年阿武隈川いかだ下り大会

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 4月 2日(金)21時38分29秒
返信・引用
  春です。みちのくにも春が来ました。まだ川の水温は真冬と同じですが、気温は春になってきています。広報誌に早速今年の夏のいかだ下り大会が載っていたので、アップします。
渋決櫂面隊は今年も参加予定です。
でも、その前に、できたら連休にでも初漕ぎしたいですよね。
 

阿武隈川の風景

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 2月13日(土)21時32分8秒
返信・引用
  先週の写真ですが、・・・先週の日曜日は日差しが暖かでした。金曜日に降った雪が残ってはいましたが、・・・阿武隈川はこんな感じ・・・まだカヌーシーズンには早いけれど、・・・なにしろ川の水温は「2ヶ月前の気温」とか云いますから、5月の連休のときでもまだ冷たいのでしょうけれど、・・・・それでも日差しは春です。いまから体力をつけておきたいなあ・・・・と頭では考えているのですが、・・・。  

白石川の冬景色

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 1月24日(日)18時04分17秒
返信・引用
   1月も後半に入って寒いはずなんですが、今日は暖かい日でした。メタボ解消のため?夕方に自転車でその辺をポタリング。川に行くと、フネを下すのに良さそうな水辺の場所は、水鳥サン達に占領されていました。彼らがシベリアに帰らないと、カヌーの季節は来ないのです。
 写真は、東北本線北白川駅に続く橋の上から、蔵王を望んだものです。白いのは多分白石スキー場。この場所の上流から、サンライフの「お花見カヌー」て大河原・船岡あたりまで下ったものでした。今はサンライフも店を閉めてしまいました。
 福島県の浜通り南部からは、福寿草の便りも聞こえてきます。あと、ひと月半もすれば、春になりますねえ。
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2010年 1月 1日(金)17時46分25秒
返信・引用
  いやぁ・・・・宮城県南部も雪です。今朝3センチ~5センチくらい積もりましたかねぇ。
急遽(まじめな地域住民のフリして)家の前の町道の除雪を行いました。私の家は「S町」なのですが、家の入口の道路は「O嬢・・・・おっとっと間違いO町」で、裏口が「S町」で、前の家と道路を挟んだ隣はO町です。まあ面倒くさいのは抜きにして家の土地に面した分プラスアルファを雪かきしました。雪かきシャベルで歩きながら押せば30分もかからずにおわり。で、お昼になったら、解けました。・・雪かきしなくても解けたみたい。・・・でも暗くなったら降ってきました。
 これは、「春までゆつくり体力をつけて休養しなさい」という神のお告げ(笑)なのでしょう。・・・・思えば、阿武隈川以後・・・結局秋には漕ぎませんでした。
 

雪降る前の庄内

 投稿者:最上川  投稿日:2009年12月22日(火)22時09分30秒
返信・引用
  こんばんは、現在我が山形県庄内は大雪です( ゚Д゚)ウヒョー
が、雪降る前の寒さ厳しい時に酒田市では例年より早くハタハタが大漁www
内陸(山形市方面)や地元の人達で岸壁はご覧の通り。駐車と釣り人立錐の余地
も無い程の込み具合です。ほんのわずかの時間にクーラーボックス満杯。
一人では運べないので二人掛かりで…12月いっぱい続きそうです。

やはり雪降る前のスワンパークの風景。鳥インフル前は飛来数日本一を誇った
最上川ですが餌付けも禁止でさっぱり。最も日中、白鳥はは田圃で餌取り
川面はカモで真黒満杯の状態でした。流石夕方には白鳥さんも帰ってきますが、
天気の良い日は最上川の夕日に白鳥さん鳴きながらの編隊飛行群は最高!
 

白石川も雪

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年12月19日(土)16時39分36秒
返信・引用
  一昨日、昨日と雪が降りました。里山の日陰には雪が積もったままです。なんか、「根雪」みたいに感じますが、このへんでは根雪はないので、そのうち解けるのでしょうけれど、・・・・寒い日が続きます。・・・・・まもなく「冬至」このへんですと、小豆を茹でて、南瓜を煮て、一緒にして食べる習慣があります。
したがって冬至の22日の夜にはスーパーから南瓜と小豆(缶詰)がなくなるのです。
 

Re: 庄内も冬間近

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年12月13日(日)20時17分14秒
返信・引用
  > No.66[元記事へ]

最上川様 お久しぶりです。
川には全然行ってなくて、・・・川に近付くのは橋を通るときだけ・・・なんて生活が続いています。
フネを浮かべなくても、川のそばの土手の上から北に流れていく川を見ているだけでこころが安らぎますね。・・・・
またときどき庄内の景色をお伝えくだされば幸いです。
フネばかりでなく、花や景色や街の風景なども歓迎いたします。
この掲示板結構大きな画像を表示できますので、(MAXで1MBなんて書いてありますから)目いっぱい使ってくださいませ。
ちなみに写真は下の写真の上流側です。これで280kbくらいです。
 

庄内も冬間近

 投稿者:最上川  投稿日:2009年12月 8日(火)23時14分3秒
返信・引用
  こんばんは、お久振りと云いながら早師走ですねぇ!
今年は暖冬のせいか最上川もカヌー出来そうですよー
but白鳥さんが去るまで出艇はできませんが…
やはりこちらも冬眠ですかねぇ

今日は晩秋、冬前の鳥海山の雄姿を一枚
 

冬の到来

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年12月 6日(日)18時30分19秒
返信・引用
  最上川フェスタと阿武隈川いかだ下り大会のあとは、川にフネを浮かべることがないままに、季節は冬を迎えてしまいました。11月末には蔵王が白くなりました。写真は11/22日撮影です。畑にはまだ菊の花が咲いていました。白石川にはもう白鳥が来ているようです。まあ12月でも大丈夫・・・なんて思っているうちに風が吹いて、川面には波が立っていました。本日撮影の阿武隈川です。ここは、「小坂の渡し」のあったところです。ここに角田市営の渡し舟が平成5年頃までありました。いかだ下り大会のゴール地点はここのもっと上流側です。日差しが暖かいと、今の季節でものんびりと川くだりが出来そうな雰囲気ですが、ずいぶん前に今の季節に上野さん達と下ったことがありましたね。でも歳もとったので、・・・・・やっぱり来年まで冬眠ですかね。  

河北新報にカヌーの記事が

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年11月17日(火)18時45分26秒
返信・引用
  今朝、河北新報のweb版を見たら、なんと「秋田県大館市のシーダ秋田カヌー同好会が、秋田杉を使ったカヌー作り体験の参加者を募っている」などという記事が載っていましたよ。連絡先は小林さん方0186(54)2465。というところ。いま記事を見たら既に更新されて消えていましたが、・・・・記事のまんまコピーは適切で無いのでのせられませんが、・・・・工法はウッドストリップのようですね。
天塩川流域でやっているのと同じスタイルのようです。材料費は10万ほどと書いてありました。興味ある方は、直接連絡を
 

山につづく道

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年10月 4日(日)21時49分29秒
返信・引用
  最上川様・・・いやぁ・・・いいですねえ。この風景・・一本の真っ直ぐな道がずっと山のほうまで続いている。この風景大好きです。できれば、この先に峠があってその先には別の世界があるとか、・・・・こんな風景に憧れて、(若い頃は)自転車で走ったものでした。カヌーの場合は、峠を超えられませんが、・・・(北米大陸のトラディショナルな皆さんはフネを担いで峠を越えてるみたいですが、)この先に何があるのだろう、どんな世界があるのだろうという子供のときの夢見たいなのが、旅のげんてんかもしれませんね。
いやぁ・・・それにしてもこの絵はすばらしい。2車線の太い道でなく、1車線の(多分)農道ですね。そして、なにより、まっすぐなのがいいです。農林省の農道の写真コンテストにおあつらえ向きの場所ですね。 時間があれば、行ってみたいです。
さて、それでは、宮城県(南部)のほうもひとつ・・・ずいぶん前の季節はずれ(5月)ですが、蔵王山です。
 

趣向を変えて

 投稿者:最上川  投稿日:2009年10月 1日(木)23時52分3秒
返信・引用
  今日の山形の地方紙に「最上川に白鳥飛来」の記事が載りました。
鳥インフルで餌付けは今年も禁止だそうです。
餌付けについては賛否色々ありますが、やはり自然が一番でしょう。
ついこの間まで暑かったのに、いよいよ季節変わりですか
白鳥さんが飛来すると、最上川の一部の場所はカヌー遠慮しなくてはなりません
が、好天が続くとつい漕ぎ出したくなりますねぇ!

今日は趣向を変えて、我が山形県の鳥海山の写真添付します。
 

いいなぁー

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 9月30日(水)21時25分38秒
返信・引用
  最上川様書込みありがとうございます。 写真は酒田あたりでしょうか。
最上川も渓谷を過ぎた立川あたりから下の平野部も稲刈りが終わった季節はいいのでしょうね。・・・こちらも阿武隈川は秋の雰囲気で、カヌー日和なのです。何人かで下れば楽しいのでしょうね。
 

秋晴れの最上川

 投稿者:最上川  投稿日:2009年 9月27日(日)21時42分32秒
返信・引用
  お久し振りです。最上川秋晴れ絶好のロケーションですが生憎のお仕事です。
土、日ともなれば川原は山形名物芋煮会で賑わいます。
芋煮やりながら最上川漕ぎ出したいと思っていますが果たして…

遅くなりましたが未知哉君ソロデビューおめでとうv( ̄Д ̄)v イエーイ
 

50台でもまだ大丈夫!

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 8月30日(日)15時02分7秒
返信・引用
  昨夜、仙台のうたごえ喫茶に行き、帰宅は午前様、疲れて今日も、何もしないでネット中毒・・・・で、海外の日本語ニュースを見ていたら、こんなニュースがありました。(元のモスクワ放送、今ロシアの声の日本語版ニュースです)
68歳のおばあちゃんがロシアの中央部からカムチャツカまでサイクリングをしたんだとか。
詳しくは、ここを→http://www.ruvr.ru/main.php?lng=jap&q=1532&cid=106&p=28.08.2009&pn=1
記事の一部を紹介すると、「5月下旬に自転車でロシア中央部を出発したユリヤ・ミハイリュクさん(68歳)は、目的地のロシア東端のカムチャッカ半島ゲイゼール(温泉の谷)まで、8000キロを見事走り抜けた。(中略) ミハイリュクさんは10年以上前からロシア国内の自転車旅行を開始した。」・・・ということでして、この記事から、58からはじめてもまだ間に合う・・・ということで、北日本カヌークラブの面々も殆ど50台を過ぎてしまって・・・カイチョーは引退宣言は出してないものの、最近は川で見かけなくなりました。そういう意味では、この記事をみて私たちも少し元気をもらえそうですね。写真をコピーしておきましょう
 

阿武隈川の風景 その3

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 8月29日(土)17時41分11秒
返信・引用
  丸森と角田の境付近でしょうか。この辺の阿武隈川は川幅は広いのですが、意外と浅瀬が多く、もっと下流に行くとその浅瀬は砂がたまって動いていて、フネでのりあげると、パドルは刺さるし、大変です。でもこの辺はフネの腹を擦るくらいでしょうかね。
このへんの阿武隈川はチンするところがないので12月はじめまで楽しめます。秋は、風も涼しく、夏よりも良いかもしれませんね。
 

阿武隈川の風景 その2

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 8月29日(土)17時22分54秒
返信・引用 編集済
  渡し舟はなくなりましたが、かつて渡し舟があった川岸までの道はいまも変わっていません。上の写真は、平成5年頃まで運行していた、角田市営の「小坂の渡し」に使われていたと思われる舟です。当時運行していた国鉄バスに連絡して夜の9時頃までやっていたという話しを以前に聞いた事がありました。川面を照らす照明塔もありましたよ。子供たちは渡し舟で対岸から小学校に通い、大水で運行できないときは、親戚あるいは、友達の家に泊まったということです。よく「地域の連帯」というけれど、普通はせまいちくのことで、ここの場合には、川向こうの別の集落で、江戸時代には(多分)別の村だった地区の子供たちなんですよね。そういう意味では、すごい、というか、学区の連帯でしょうね。
そして、環境が厳しかったからこそ、おおらかで、のどかだったのだろう・・・と思うのです。
 下は、別の渡し舟があったところの川へ続いている道です。(川から集落の方角を写したものです。)ここでも、渡し舟を利用しバスに乗って通学していた人の話を聞きました。
 

阿武隈川の風景

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 8月29日(土)17時02分43秒
返信・引用
  写真を整理してたら、数年前に阿武隈川の川面の風景を撮ったものが出てきました。
季節を忘れてしまったのですが、写っている作物からして、真夏ではなさそうなのですが、田んぼをみると、稲の穂はたれていません。
写真は、丸森付近の写真です。川の護岸に階段がついています。護岸のある場所の裏側には、たいてい小さな集落があります。そして、階段には、舟がつながれてたりしています。つまり。公営の渡し舟はもうなくなりましたが、川が生活のなかの一部なのは変わらないのかなと思うのです。
 

ライフジャケットで海水「浴」

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 8月23日(日)20時21分36秒
返信・引用
   お盆も過ぎて、阿武隈川下流地方も夜は涼しくなってきました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 小中学校の夏休ももうすぐ終わり、近くの海水浴場(阿武隈川河口そばの荒浜海岸)は今 日で店じまいのようです。
 ということで、私め、本日今年の2回目の海水「浴」にいってきました。海水「浴」です。つまり、温泉に行くのと同じ気分で、ミネラルをたっぷり含んだ海水は、(多少汚かろうか)塩分やミネラル成分は温泉の比ではありません。だから、海水「浴」なのです。とはいえ、波のあるところで、30分も泳いでいる体力はもうありません。でも、温泉よりぬるいので、のぼせることもなく、30分以上浸かってられるのだから、・・・それならば、・・ということで、ライフジャケットの出番です。今日も朝イチ9時にで海に行ってライジャケを着て、海に入り、足のつかないところで、クラゲ状態で、いるのです。何より泳がなくても浮くので楽だし、姿勢制御のため一寸だけ足と手を動かしていれば、大丈夫。
 30分以上クラゲ状態で、海水「浴」を楽しみ、浜に上がって、砂の上で30分くらい寝て、また、同じくらい浸かって、11時半にあがって帰ってきました。今日は水タンクを忘れて、そのまま、真水で身体を洗わず(温泉も拭かないほうが良いということもあるし、)帰ってきました。・・・・おかげて、午後からはコタコタに疲れが出て、寝てました。
カヌー用のライジャケこんな使いかたもあります。(3年前からやってました。)でも、そんなことしている人はだれもいませんけどね。画像はありません。海水浴場でカメラを持っていると「変質者」扱いされます。
 

Re: 閑話休題

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 8月13日(木)21時48分47秒
返信・引用
  > No.53[元記事へ]

 うわっ・・・!楽しそうですね。
このくらいの清水面でしたら、チンしても大丈夫でしょうから、安心して子供をカヌー教団に洗脳( 笑 )出来そうですね。
 なんかここ数年ファルトを出してないので、出して一人で川に行かなくちゃなぁ・・・何思うのですが、息子をカヌー教に洗脳したので、まさか置いていくわけにも行かないし、・・・などと考える今日この頃です。
 そろそろだだちゃ豆の季節でしょうか。
涼しくなったら、また川に行きたいと思うのですが。・・・・
 

閑話休題

 投稿者:最上川  投稿日:2009年 8月13日(木)17時47分21秒
返信・引用
  お久振りで~す。阿武隈川楽しそうですね、来年は絶対参加させて頂きます。
こちら庄内は最上川川下りから天気がパッとしません。
お盆になっても蒸し暑く梅雨空が続いて今年のお米の収穫が心配です。
晴れ間があった時に見つけた子供会の行事らしくカヌー教室のひとコマ。
 

阿武隈川いかだ下り大会 その8

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 7月26日(日)20時43分8秒
返信・引用
  角田橋の下の船付場がゴールです。川からスロープが出来ているのですが、今年は、川の流れが変わって、浅くなりすぎてました。ゴールでフネをあげて、・・・いかだはクレーンであげてトラックに積み込んで・・・車を取りに行き、閉会式でくじの抽選会があつて、・・・・今年はなにも当たりませんでした。・・・・天気予報では午後から雨・・なので、主催者側が30分繰り上げて閉会式を行って・・雨が降ってくる前に解散とあいなりました。
楽しい夏の一日が過ぎていったのでした。・・このあと、キョーフのあとかたづけ・洗濯・乾燥などがまだ残っているのですがね。
 一緒に遊んでくれたいかだの皆さん、カナディアンのお二人、ゴムボートのご家族の皆様、そして、主催者のみなさん裏方の皆さん、楽しい時間を作ってくれてありがとうございました。
 

阿武隈川いかだ下り大会 その7

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 7月26日(日)20時31分46秒
返信・引用
   この大会で、いちばん大変なのは、「日陰」が殆どないことです。・・「川の上に日陰なんてあるかい。」なんて声も出てきそうですが、・・・やっぱり真夏には日陰がほしい。ゴールも見えてきそうな、角田の枝野橋の下は、橋の影が出来ているのです。いつもですと、橋脚の下に出来た砂洲にフネを乗り上げて昼ごはんとなるのですが、今年は、いつものところの砂洲に日陰がきてない。で隣の橋脚の下の水溜りでお昼とあいなりました。

※掲示板の画像は縮小したものとそのままのものと2種類使っています。
オリジナルは600KBくらいのサイズです。あんまり顔がはっきり写ったものだとまずいのではないか?ということで、縮小している場合もあります。メールいただければ、お送りいたします。
 

阿武隈川いかだ下り大会 その6

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 7月26日(日)20時21分15秒
返信・引用
   最初私たちのチーム北日本カヌークラブ渋決櫂面隊は、ゆっくりと、最後尾にいたのですが、その後、前のほうに進んでいきました。ゴムボートに乗った家族連れがいたのですが、いでたちも格好いいし、ラフトっぽい漕ぎ方をしているので、声をかけてみました。お父さんとお母さんは、カヌーをしたいのですが、子供たちがついてこない・・というのです。
 そうか、それでは、私めが悪の道に引きずり込んであげましょう。(笑)・・・などと、中間地点で、「キィウイの前に乗ってみない?」でほんの一寸だけ、乗せてあげ、カヌー教の布教活動をしてしまいました。さて、めでたくカヌー教団の信者になってくれるのいでしょうか?(笑)でみんな一緒に記念撮影です。
 

阿武隈川いかだ下り大会 その5

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 7月26日(日)20時09分18秒
返信・引用 編集済
   いかだやゴムボートに比べてスピードが早く、比較的自由にあっちこっち歩き回ることが出来るカヌーは、あっちのいかだにいって、おしゃべりしたり、こっちのいかだに寄ってねご馳走になったり・・・一緒に遊んだりなのです。未知哉クンは、きれいなオネェーサンが大好きなので、オネーサンのいるいかだに近寄っては、ご馳走になっています。ここでは、おにぎりなどをいただいたり、ビールを一缶いただいたようでした。かまってくれたいかだの皆様ご馳走様でした。  

阿武隈川いかだ下り大会 その4

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 7月26日(日)19時50分4秒
返信・引用
   毎年参加なさっているカナディアンのご夫婦です。  

阿武隈川いかだ下り大会 その3

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 7月26日(日)19時46分2秒
返信・引用
   未知哉クンは、今年の阿武隈川いかだ下り大会から、カヤックでソロデビューです。いままでは、キィウィ-Ⅱの前席に乗ってましたが、瀬らしい瀬もない、ここの阿武隈川なら大丈夫だべぇ・・・ということで、・・・最初くるくる回ってしまう恐れがあったので、木材をガムテープで貼り付けたのですが、・・途中で底を擦って、はずれてしまいました。でも大丈夫でした。新丸森橋は工事中です。
 

阿武隈川いかだ下り大会 その2

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 7月26日(日)19時33分32秒
返信・引用
  いかだ下り大会には、ゴムボートやカヌーでも出られます。毎年お会いしている、カナディアンのご夫婦が今年もいらっしゃいました。河原で記念写真です。
 

阿武隈川いかだ下り大会 その1

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 7月26日(日)19時31分9秒
返信・引用 編集済
   今日は第28回阿武隈川いかだ下り大会です。午前7時50分から受付開始・・なんといつてもここでは、開会式に「安全祈願」ということで、船長・船頭のみですが、(つまり地チームの代表者に)お神酒が振舞われるのです。未知哉クンは二十歳を過ぎたので、昨年からいただいています。
 

ステッカーその2

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 7月26日(日)19時15分11秒
返信・引用
  こんな感じになっています。A4いっぱいのでかいのも作りましたが、ゴム磁石の大きいのがないので、(ヤクバの選挙PRで車に張っているやつがでかくていいのだが、・・・)クーラーボックスに張ってしまいました。
 

ステッカー作成

 投稿者:渋決櫂面隊メール  投稿日:2009年 7月25日(土)20時15分43秒
返信・引用 編集済
   明日は、「阿武隈川いかだ下り大会」そして、未知哉くんがソロデビュー。 フネは、さくらんぼカヌーでアオキカヌーの社長からじきじき(サイン入り)から買った「アクセス280」。先週白石川で試し乗りしました。私めは、キィウイⅡ、朝7時までに丸森橋下流の河川敷に行かなくては。それにしても体力低下でキィウィⅡをスバルサンバーの屋根に上げるのに一苦労・・・・歳ですねえ・・・・。やっぱりキィウイⅡをやめて、(最上川のタンデム用に)QG-2とかST-2あたりの安いのを導入したい・・それにしても、ファルトはそれなりに扱いやすいけれど、メンテナンスも大変だし・・・などと頭の中は予算がかかることばかり。
 さて、明日に備えて「渋決櫂面隊」のステッカーを作成しました。A4で作ってもそれなりの大きさになりますね。ちなみに、バックの色はスキャンしたときモアレがかかったようですが、実物は均一な色です。用紙は南仙台の大きな文具店でみつけました。「水に強く、インクジェットプリンタOK」ということですが、やっぱり常時水に濡れるカヌーには怖くて貼れない。ゴム磁石に貼り付けて、車のサイドに張りました。・・・なお、ゴム磁石もつけっぱなしだと、剥がれなくなるので、ビニールを間に挟んでみましたが、・・さてどうなるか。暗くて写真は撮れませんので、その写真は明日。でも明日は午後から雨みたい。・・・いーのだ。どうせ濡れるのだ。
 

レンタル掲示板
/6