teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:142/179 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

俺はレビュアーにはなれないのでしょうか

 投稿者:M1号メール  投稿日:2005年 2月 2日(水)22時38分0秒
  通報
  先日「ToHeart2」を冬の夜の暇つぶし用に購入してフルコンプ。
さすがに歴戦を積んだためか?それなりに冷静にシナリオを見ている自分に気づいてちょっとシナリオに対しての私見を書き綴ってみました。(ネタバレありなので、未プレイの人は注意して読みましょう)

・花梨シナリオ
シナリオの短さ(2週間)からくる花梨の内面描写不足や展開の唐突さもそうだが、花梨のキャラクター自体人の話を聞かないタイプなのがマイナス。ルーシーシナリオでは脇役として大活躍する分そちらの方が良かったのかも…
・双子(珊瑚&瑠璃)シナリオ
序盤~中盤の掛け合いなどは面白いのだが、終盤イルファが登場してからの展開の唐突さが惜しまれる。双子の事情もラストよりは中盤に描いた方が良かったかと思われる。
・優季(隠しキャラ)シナリオ
実は昔引っ越した幼なじみ…というシナリオなのだが、いかんせん期間の短さ(10日間)がネック。「CLANNAD」のことみシナリオじゃないが、せめて3月からのスタートにして雄二との会話や夢・回想などで伏線を回収していった方が名シナリオになれたかもしれない。
・ルーシーシナリオ
ほぼオールスターズの展開&ToHeartらしさのあるシナリオだが、中盤以降の中だるみ気味の展開と、菜々子イベントの時に前作否定につながるような発言(オカルト研究会の魔法使いさん(=芹香先輩)を訪ねてきた菜々子に対してのるーこの言葉)が気になった。
・このみシナリオ
前作のあかりシナリオのような難易度こそないが、その分シナリオも薄めになってしまった感じは否めない。幼なじみから女の子への意識の切り替えについても、雄二の言葉だけでは説得力不足と思われる。
・環シナリオ
キャラ的には前作の綾香を思わせるポテンシャルの持ち主だが、いかんせんシナリオの性急さが魅力をスポイルしている。
ラストで過去の約束を思い出すシーンがあるが、それもラストで取ってつけたように出すよりは小分けして出した方が物語の展開的に無理がなかったと思える。

・由真シナリオ
恋の成立の過程や、脇役として登場するダニエル(長瀬源蔵)とか愛佳もいい味を出しているのだが、由真が変貌する所のくだりが説明不足気味。
ここいらは中学時代からの友人・愛佳に活躍してもらいたかった。ラストの展開はなかなか上手い比喩になっていた為好感が持てるのだが。

・愛佳シナリオ
多分本作1のシナリオかも。キャラクターやCV演技もいいが、シナリオ自体ちゃんとToHeartが支持された要因である「主人公とヒロインが出会い、恋が成立する」までを描いている所がちゃんと描かれている。
ラストがやや駆け足気味なのが惜しいが、それでもラストはちゃんと感動に持っていくあたりスタッフの力が入っているといえよう。


俺ってレビュアーという人種にはなれないと痛感。
 
 
》記事一覧表示

新着順:142/179 《前のページ | 次のページ》
/179