teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


こだまの森さんへ

 投稿者:毛塚  投稿日:2020年12月13日(日)13時31分55秒
   書籍のほうは、以前明治図書等に頼まれて月刊誌や本に6~7回くらい原稿を書きました。

 私のHPは、教材・教具に関して余すところなく書いていますので、これを1冊にするのは難しいようです。多分、本にしようにも全ての内容をHPで無料で公開しているので、本という形にして出すメリットが少ないからでしょうか・・?

 このHPの目的が、先生方や障がいを持ったお子さんたちの保護者の方々のお役に立ち、そのことで子どもたちが良い授業を受けられるようになればと考えているので、本になることへのこだわりはありません。

 このHPがこだまの森さんのお役に立てれば幸いです。
 
 

素晴らしい教材

 投稿者:こだまの森  投稿日:2020年12月12日(土)19時31分27秒
  長野県で肢体不自由児学級を担任しています。
これだけの数の教材が素晴らしいです。
ぜひ、本にして欲しいです。

https://masamichi1105.wixsite.com/mysite1

 

りゅんさんへ

 投稿者:毛塚  投稿日:2020年 7月 4日(土)09時30分54秒
  これから実習へ行くのですね。学校で習うことと現場では、思っている以上に違うことが多いかもしれません。

実習では、先生方は親切に色々教えてくれるでしょうから、よく子どもたちの様子を観察して考え、先生方に何でも聞くと良いですよ。頑張っているなあと先生方が感じてくれれば、親身になって教えてくれるでしょう。

子どもたちへの接し方は、笑顔で積極的に関わるといいですよ。離れて見ててはいつまで経っても、仲良くはなれません。実習が終わった頃には、色々な子がいるけれど子どもたちはかわいいと思えるようになると良いですね。

自分に足りないことは何かがわかるような、1日・1日になるよういい時間を過ごしてください。

また、何かったあったら、お声掛けください。実習頑張って!
 

(無題)

 投稿者:りゅん  投稿日:2020年 7月 3日(金)20時22分46秒
編集済
  ご丁寧にお返事ありがとうございます。

お子さん達の様子との事ですが、実はまだ学生で将来特別な支援を必要とする生徒の教師になりたくて資料などを探してる時に、このサイトに辿り着ました...。これから実習にいくのですが、その時に役に立つように質問させて頂きました。ご迷惑、場違いでしたら申し訳ないです...。
 

りゅんさんへ

 投稿者:毛塚  投稿日:2020年 7月 3日(金)09時05分23秒
  りゅんさん、こんにちは。
重度・重複のお子さんの教材・教具ということですが、一人一人性格や障がいの程度・好きなもの嫌いなこと・体の状態・認識力等違いがあるので、一概にこうですよとは言えません。

お子さんたちの大体の様子がわからないと、個々のお子さんに合った教材・教具について、お話しするのは難しいです。

もし、よろしければお子さんたちのことを少し伝えて頂ければ、考える上で参考になります。

一般的には、好きなことを活かしてあげるようにすることでしょう。好きなことの中に課題を組み込んであげると、興味を持って取り組んでくれますから・・。
既にできることを課題にしても意味がありません。あともう少し頑張ればできることが課題になります。この辺は、スモールステップで学習を続けることですね。

重度・重複のお子さんは、歩行も難しかったり、視線が対象物に向かわなかったり、目が見えなかったり、寝たきりだったりと、色々困難を抱えていますが、あれもこれもと取り組むのではなく、この課題がクリアできるようになれば、生活全般が良くなっていくという中心的な課題を設定することが重要です。

例えば、人とのコミュニケーションが少しでも豊かになれば、その子の生活は大きく変わっていきます。

個々のお子さんには色々と課題があるでしょうが、この中心的な課題を見極めることと、その課題に合った教材・教具は何かと考えることが大切だと思います。
 

重度・重複障害生徒児童の担任として

 投稿者:りゅん  投稿日:2020年 6月30日(火)15時57分30秒
  はじめまして。
重度・重複障害児の担任として子どもの興味関心を引き出す(学びに向かう力を育む)教材作りのポイントがあれば教えて頂きたいです。
 

ありがとうございます

 投稿者:桑ぴょん  投稿日:2020年 6月26日(金)08時43分29秒
   ありがとうございます。毛塚先生のサイト、県内中で活用されているようで、いろいろな先生方が「見たことある!」とか「毛塚先生、奥様も知ってます」という先生がいるんですよ。

 いつも本当にありがとうございます。
 

桑ぴょんさんへ

 投稿者:毛塚  投稿日:2020年 6月19日(金)23時42分15秒
  お久しぶりですね。

校内HPの件、了解しました。
桑ぴょんさんのHPのアドレス変更の件もわかりました。後日直しておきます。

転任先に私の知っている先生がいるとのこと、誰かな?・・と思いつつ聞くのは野暮かなと思い聞きませんが、その先生にもよろしくお伝えください。

 

先生のHPを校内サイトにリンクさせてください

 投稿者:桑ぴょん  投稿日:2020年 6月18日(木)14時41分56秒
   お世話になっております。以前、「桑ぴょんの特別支援教育マラソン」のリンク依頼でお世話になりました桑ぴょんと申します。この度、県内ひばりの歌声が豊かな特別支援学校に転任をしてきたのですが、校内HPにて毛塚先生のサイトへのリンクをぜひ貼らせていただきたくてご連絡をさせていただきました(校内HPですので相互リンクのお願いという性質のものではありません)。毛塚先生とお知り合いの先生もいるようですので事前にお伺いをさせていただきました。支障ありませんでしょうか?よろしくお願いいたします。また「桑ぴょんの特別支援教育マラソン」のURLを変更いたしました。こちらもご支障がなければ以下のアドレスへの再リンクをよろしくお願いいたします。https://kuwapyon.net/

https://kuwapyon.net/

 

まゅみんさんへ

 投稿者:毛塚  投稿日:2019年11月12日(火)09時49分14秒
  タブレットを使う指導に悩みがあるようですが、タブレットやパソコンでインターネットから情報を得るのは大人には容易ですが、それをそのまま子どもたち提示しても意味がありません。

情報は目的に沿って整理されて意味が出てくるわけですから、タブレットを使うにしても整理されたものでなくては使えることにはならないということですね。

整理されたものを使うにしても、私でしたらタブレットは使いません。理由は、画面が小さいと言うことと、その場で子どもたちの意見や発見を追加しづらいからです。

大きな画面と言えば、学校にある大型のモニターや電子黒板を使いますが、意外と良いのは模造紙に写真等の情報を貼り付けたものです。模造紙でしたらいくらでも広く広げられますから。
子どもたちの意見や気づきをすぐに紙に書いて貼って追加することも容易にできますから・・・。

タブレットにこだわる必要はないでしょう。タブレットのよい点と弱い点を考えて臨機応変に使い分けた方が良いと思います。タブレットの良い点の一つは携帯性。移動しながらでも使えるのはいいですよね。

北海道の秋について調べると言うことでは、紅葉や気温の変化や着るものの変化等の「気候」、秋に収穫される「食べ物」、冬に向けての各家庭の準備の様子などがあげられると思います。

子どもたちが一番興味を持つのは、風景の変化や食べ物かもしれません。特に食べ物かな。
北海道だけを見るだけでなく、日本列島の南に位置する九州や沖縄との違いを比べると、より北海道の秋のことがわかりやすく入っていくかもしれませんね。

細かな情報を記憶させるよりも、「あーそうなんだ!」という気づきや驚きが、子どもたちの見ている世界を広げると考えています。テスト勉強では知識が求められますが、調べ学習では驚きや気づきが、考える・調べるという力に結びついていく気がします。
 

 投稿者:まゅみん  投稿日:2019年11月12日(火)07時05分18秒
  ありがとうございます。
あと例えば、北海道の秋を調べよう等の調べ学習のときはどうされていますか?←大雑把な質問ですみません。タブレットを使いたいのですが、使いこなす指導ができるか悩んでいまして…
 

まゅみんさんへ

 投稿者:毛塚  投稿日:2019年11月11日(月)08時32分17秒
  場違いな質問ということはありませんよ。

国内に20種類ほどあるどんぐりを見分けるような教具はどこにもないと思いますが、違いを見分けるとすれば、一番わかりやすいのは形です。

クヌギやマテバシイなどそれぞれ形が違いますから、どんぐりの種類ごとに写真が載っている図鑑やインターネットでの写真で大まかな区別はすぐにできます。

形が似ているものでも、個々の大きさやドングリのなる木や葉が違うので、見分けることはできると思います。

文字での情報を得ることが難しいお子さんたちでも、形の違いは一番わかりやすいものだと思います。まずは、図鑑等で先生ご自身がその違いを元に分類してみるといいでしょう。

私でしたら、4種類のどんぐりの写真(大きめ)をiPadや紙に印刷し並べてのせて、「さあ、このどんぐりと同じものはどれかな?」と分けることを子どもたちと一緒に行います。
 

 投稿者:まゅみん  投稿日:2019年11月10日(日)18時12分57秒
  初めまして。場所違いな質問だったらすみません。
中学部知的クラスを担当しています。

①どんぐりを見分けるような教具はありませんか?今手元に四種類のどんぐりがあり、これ全部違うんだよとわかるようなものを作りたいのです。

②調べ学習について。住んでる都道府県の秋について調べ学習をしたいのですが、iPadなどで文字を検索するのも難しく…


すみません 板違いでしたら消去お願いします。
 

みなんちゅさんへ

 投稿者:毛塚  投稿日:2019年10月 9日(水)21時14分54秒
  スイッチ関係以外の教材教具の紹介もあればいいのにと書き込みましたが、他の教材教具の紹介が載っているのに気付きませんでした。申し訳ありません。

ちょっとぼーっとしていたようです。

皆与志養護学校の児童生徒数が少ないのに驚きました。
お子さんたちが少ないと家庭的な雰囲気な学校なんでしょうね。

先生方は若い方が多いのでしょうか?
教材教具を見ているとその学校の先生方の頑張り度が測れる気がします。

いつか訪れてみたい気持ちになりました。
 

みなんちゅさんへ

 投稿者:毛塚  投稿日:2019年10月 9日(水)21時02分5秒
  こんにちは。皆与志養護学校の教材教具の紹介ページを見ました。

スイッチ関係の紹介を見て、なるほどと感心しつつそれ以外のものもあればもっといいのになあと感じました。

みなんちゅさんへが紹介してくれたので、「教材教具のHP」の方へ載せていきます。
また、新しい情報があれば教えてください。
今後ともよろしく。
 

教材リンクについて

 投稿者:みなんちゅ  投稿日:2019年10月 8日(火)20時46分9秒
  鹿児島県立皆与志養護学校にも教材教具の紹介ページがあります。

http://www.edu.pref.kagoshima.jp/ss/minayoshi-h/

 

片岡さんへ

 投稿者:毛塚  投稿日:2018年 9月19日(水)17時43分14秒
  サーフデスクをステンレスボウルで作る方法をお話ししましたが、ボウルの値段がが結構高いのとボードとボウルの底がつく接地面との距離がありすぎてコントロールが難しいので、より簡単な方法をサーフボードのページに追加で載せることにしました。

厚画用紙の模型の写真も載せますので、そちらを参考にしてください。
 

サーフディスクについて

 投稿者:毛塚  投稿日:2018年 9月18日(火)10時54分40秒
  片岡さんこんにちは。
サーフディスクは、円盤状の板の下にホームセンターで売っているステンレスのボウルを取り付けたものです。

ボウルの強度がないと人が乗ると壊れてしまうので、100円ショップのものは使えません。

ボウルが硬くてしっかりした作りのものを使うと結構言い値段なってしまいます。

ボウルを円盤状の板に固定するのは、瞬間接着剤と木ねじを使います。接着剤で貼ってから、木ねじの短いものを上下左右の4カ所以上入れます。

ボウルに木ねじを入れる穴を開けるには、電動ドリルで鉄鋼用のドリルの刃を使います。

人が座って手で持つ部分は木で作るので、ボンドで貼ってから円盤状の板の下から木ねじを入れます。

鉄鋼用のドリルがないと穴開けができない点と強度のあるボウルを見つけるのが肝になるでしょう。
 

サーフディスク作り方を教えてください

 投稿者:片岡玉代  投稿日:2018年 9月16日(日)09時22分36秒
  初めてまして、片岡と申します。
いつも教材の作り方を参考させていただきます。
今度サーフディスクをする作りたいと思っていますが、詳しい作り方を是非えて頂きたいです。
宜しくお願い致します。

http://、

 

貴サイトを拝見してのお願い

 投稿者:飯坂正樹  投稿日:2017年12月14日(木)16時03分47秒
  毛塚様

株式会社スプリックスの飯坂と申します。
突然のご連絡にて、失礼いたします。


私は学校の先生および先生を目指す学生さん向けに授業準備のための
無料情報サイト「フォレスタネット」を運営しております。
https://foresta.education/

この度、貴サイトに掲載されている教材の数々を拝見し、
是非お力をお貸しいただけないかと思いご連絡させていただきました。

この度、特別支援の実践・教材を探している中で、貴サイトに出会い、
毛塚様の現場でのご経験に基づいた「教材・教具への想い」、そして
引退されても尚、子どもたちの為に尽くそうとされるその姿勢に深く感銘を受けました。


ご存知の通り、昨今学校の先生は多岐に渡る業務に忙殺され、本業である
授業の準備に十分な時間を費やすことができていません。
そこで我々は全国の先生の授業実践等を共有することで授業準備の効率化や
授業の改善をしていただくために「フォレスタネット」を立ち上げました。

「フォレスタネット」は全国の先生が実践等を共有し合うことで先生方の
授業準備をご支援するサイトです。
日々多数の先生方が投稿をくださっており、それを全国の先生が授業準備や
学級経営に活かしていらっしゃいます。

しかしまだまだ全国の先生をご支援する上で十分とはいえません。
つきましては貴サイトに掲載されております教材・教具の紹介内容について、
是非フォレスタネットへ掲載させていただけませんでしょうか。
※掲載は全て毛塚様の名義でさせていただきます。
※掲載のお手間は全て我々の方で代行させていただきます。


これまで何百人の先生方とお会いし、お話を聞いている中で、
「特別支援に関する情報を増やしてほしい」というご意見をよくいただきます。
ますます需要が高まる領域でありながら、学校では十分にその勉強を
することが難しいのが現状であると思います。
毛塚様の教材のアイディアはこれからの先生方に必ずや重宝されるものと
確信しております。

何卒、ご一考をお願い致します。


最後になりますが、フォレスタネットがどのようなものか、
宜しければ下記のゲスト用アカウントにてログインいただき、
ご覧いただけますと幸いです。

◆フォレスタネット
URL:https://foresta.education/
ログインID:guest1712@nomail.com
パスワード:yG7CJvUz


ご不明な点も多々あるかと思いますので
何なりとご質問いただければと思います。

この度は突然の不躾なお願いとなり、大変申し訳ございません。

もし、ご返信をいただける場合には下記のアドレスまでお願い致します。
m.iisaka@sprix.jp


※尚、本コメントがご迷惑でしたらどうぞ削除願いますようお願い致します。

https://foresta.education/

 

レンタル掲示板
/25