teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


すばらしい生徒さんに感激です

 投稿者:中川津久丸助メール  投稿日:2011年12月 5日(月)11時22分35秒
  12月3日に大分県宇佐市安心院町で開催された九州中学校駅伝大会閉会式でのこと。ほとんどの他校の生徒が眠ったり、話を聞いていなかったりする中で、私の数列前に座っていた選手集団の姿勢、態度、そして礼の素晴らしさを見て驚き、そしてまた感激しました。「今時、うわべだけではなく、礼だけで人を感動させられる中学生がいるのか!!」と強く感じました。背中をみると、YOKOGAWAの文字が入っていました。それから私の目は、ずっとこの生徒たちに釘付けです。閉会式が終わって建物の外に集合、選手全員で先生の話を聞いていましたが、これがまた他校の生徒と違い、整然としておりすばらしいものがありました。きっと、先生からは生徒に対して大会のこと、今後のことが話されたのでしょうが、私は「先生がどんな話をしたら、こんなすばらしい生徒が生まれるのだろうか」と、内心は自分も生徒といっしょに話を聞きたい心境でした。貴校のホームページも拝見させていただきましたところ、その校風と誠実さが伝わってきました。とかく、勝ち負けだけにしかこだわらない学校と、うわべだけの礼儀しかできない生徒が多い中で本当に胸のすくような中学生の姿を見させていただきました。校長先生以下、全員の先生方、PTAの方々の日頃の指導と取り組みの賜物であると思います。ぜひ、このことを当日の選手全員に伝えていただき、ほめちぎっていただければ幸いです。大分から横川中学を応援しています。  
 

淋しい

 投稿者:ペタル  投稿日:2010年12月14日(火)04時22分12秒
  横川中・向陽中統合第1期生の小父さんです。
アップが無いと云う事は、校長先生が変わったと云う事ですか。
1年以上・・・寂しいですね。1昨日の及び去年マラソン大会での活躍等、一切無いのも
何とも・・・・
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2009年 7月13日(月)15時08分44秒
  あの、この学校に東方神起ファンっているんでしょうか?  

1月行って,2月逃げて,3月去る!

 投稿者:横川中 政倉  投稿日:2009年 2月 4日(水)10時22分30秒
  「1月行って,2月逃げて,3月去って」の言葉のとおり,あっという間に1月が行ってしまいました。
先週の雪景色とうって変わって立春を過ぎて春めいてきました。
先日の大隅横川駅のイベントでもひな人形が飾られ,立春の頃に実施される立志式も春の到来を感じさせるものです。
このあと2月逃げて,3月去ってと続くのでしょうね!....
 

明けましておめでとうございます!

 投稿者:横川中 政倉  投稿日:2009年 1月14日(水)13時19分44秒
  新年明けましておめでとうございます!
いつの間にか平成21年の丑年も2週間が過ぎていたんですね。
牛の歩み(牛歩)のように遅くとも一歩一歩着実に,そして牛の反芻のしようにしっかりかみしめて地に着いた歩みの年にできればと願いました。
このはざくら今年もよろしくお願いします。

野うさぎさん...久し振りの書き込みありがとうございます。
受験生にとって今が正念場。子どもたちはしっかりと頑張っているはずです。
保護者はいっしょになってピリピリするよりも大きく包み込んで温かく見守るのがいいかもしれませんね。
受験生よがんばれ!受験生の母よがんばるな!と言いたいですが...
 

いよいよ、3学期♪

 投稿者:野うさぎ  投稿日:2009年 1月14日(水)10時34分39秒
  久しぶりにお邪魔いたします。
2008年のままの書き込みに、ここはひとつ書き込みをせねば・・・と気持ちが奮い立ったしだいです(笑)。
あわただしく2008年も過ぎ去り、気がつけば年明けからすでに2週間。中学校に関しましてはなおさら時の経つスピードが速く感じられることでしょう。
そうです・・・私も世に言う「受験生の母」です。
先日ピアノ教室の先生に「受験生の母、頑張れ!」と励まされ、(そうかぁ、世間はそう見るのか。でも、いったい何を頑張るんだ??)と思い、未だその回答ははっきりせず・・・

我が家としましては、つねに、子どもの成長に見合った精一杯をさせてきました。それでも点数が上らないのはしょうがないこと。その子ができることを伸ばせてあげられたらいいという考えは、子どもが受験生になっても変わりません。ですから、いたって我が家はマイペースということです。
数日前、うちの受験生はお風呂から上がり『はぁ~、いい眺めだった~』とご機嫌。しかしながら、時間は夜8時すぎ。
『あなた、外は真っ暗なのに何を眺めてきたの??』と尋ねると、しばらくの間があり、
『・・・えっ?だって気持ちよかったから・・・』というものでした。
うわぁ~、「眺め」の意味もわからない・・・だけど、気分がいいから、いっちょ使ってみたかったってやつなんだとわかり、もう、笑うしかないという状態でした。
ハイ、されど受験生。この先、道はどう開けるかわかりませんが、これまでどおり「今の自分の精一杯」で頑張ってほしいものです。

3学期も残りわずかですね。先生方の忙しさはただならぬものかと思います。
私たち保護者も、先生方、生徒の皆さんとこころを同じにして取り組んでまいります。
先生方、残り2ヶ月、どうぞよろしくお願いいたします。
 

「はざくら」通算500号!

 投稿者:横川中 政倉  投稿日:2008年12月 2日(火)14時25分52秒
  平成9年に新任校長として甑島の平良小・中学校に赴任し,はざくら第1号をその年の5月12日に発行して以来,週報の形で積み上げてきたものが,今週号(平成20年12月1日発行)で通算500号となりました。
夏休みなどの長期休業中をのぞき毎週発行してきたものです。
はざくら,はざくらⅡ,はざくらⅢ,‥‥と続けていつの間にかはざくらⅩⅡまできました。
いままで読んでくれて話題にしてくれた保護者や関係の方々にお礼を申し上げます。
一応500号は通過点ですので,これからもつづく‥‥です。
 

韓国岳は初冠雪!

 投稿者:横川中 政倉  投稿日:2008年11月20日(木)22時43分44秒
  おとといからあっといまに寒くなりました。横川の寒さはまた格別です。一足飛びに本格的な冬到来という感じです。韓国岳は初冠雪です。昼になっても頂上の辺りには白いものが残っていました。
このまま冬と言うことはないと思いますが,隣の町の中学校でインフルエンザによる学年・学級閉鎖とか聞けば,横川中の生徒たちのことも心配になります。
早めにインフルエンザの予防接種を受けた方が良さそうです。特に受験をひかえた3年生はしっかり体調管理をするとともにうがい・手洗い・換気を忘れないようにしましょう。
野うさぎさん書き込みありがとうございました。
 

こころのゆとり。

 投稿者:野うさぎ  投稿日:2008年11月18日(火)20時02分4秒
   急に冷え込みが厳しくなりました。木枯らしの定義は、「初冬に吹く枯葉を散らすような風」だそうですが、「今日の風は木枯らしと言っていいでしょう」と天気予報士さんが言っていました。
この間のみやまコンセールでの音楽祭のとき、私も桜と紅葉のコラボに驚き、携帯で写したものを県外の友人に送りましら、霧島はすごい!と感動してもらいました。
数日前のあのぽかぽかがうそのようです。はざくらにありました「小雪」という季節も納得できます。明日の朝、家の窓から見える韓国岳に雪が積もるのではないかと期待していますが、どうでしょうか・・・
紅葉に皇帝ダリアにと、ほんとうに美しい季節ですね。
今日も3年生の保護者は受験の説明会でした。気も重くなりがちなのですが、こんなときこそきれいな花を見たり、星や月を眺めたりしたいものです。
もしかしたら子どもは、勉強することよりお母さんに小言を言われることのほうが嫌かもしれません。お母さんの心がぎすぎすならないためのお母さんの息抜きもけっこう大事かな?と思うところです。
説明会の帰り道、面接の質問例を習いましたので、練習を兼ね車の中で「最近いちばん気になってるニュースはなんですか?」と子どもに問いかけましたところ、「TKさんの詐欺の事件です」という返事が返って来ました。答えられたことも嬉しかったのですが、(なるほど~、そう感じていたのか~)と、中学生らしい感覚を興味深く思うことでした。
受験受験と目くじら立てず、できることなら頑張ることは楽しいという体験に持っていけるよう心がけたいと思います。
そして、花を見るこころのゆとり・・・ですね。いつも、はざくらにそんなことを気づかされます。ありがとうございます。500号まで、あと一歩ですね。
 

読書の秋・・・

 投稿者:野うさぎ  投稿日:2008年10月 7日(火)13時22分39秒
  子どもの持ち帰った「はざくら」に目を通しながら、できることなら色鮮やかなカラーで見てみたいとPCを立ち上げましたら、23号はまだ更新されていないことがわかりました。立て続けの行事でお忙しいことと思います。
プリントの白黒写真をくいいるようにながめながら、もうしばらくのがまん?近々カラー写真がPCに掲載されるだろうと期待しております・・・
けれども、この「はざくらプリント」には白黒の花々に先生の感動のことばが添えられているわけですが、逆にカラーでないことで、「この色を見たい日とは、一歩外に出て、季節の花々に目を向けてごらんなさい」と勧められているような気もしますね。
なんといっても、「金木犀」です。香りを楽しまなくてはもったいないわけですから。

ところで、気がつけば「読書の秋」と言われる季節にはいったようでございます。夜が長くなることでそう言われる・・・と前に聞いた覚えがありますが、電気、クーラー、暖房と整った現在では年がら年中快適に読書を楽しむことができるわけです。
けれども、秋のしっとりとした雰囲気といいますか、この落ち着いた感じはやはり読書の意欲をそそりますよね。
「はざくら」にありました秋の図書室も、いっそう魅力的なことでしょう。(少女でなくとも、図書室で読ませていただきたい(笑)!)
例に挙げられた3冊は、どれも学生時代に親しんだ懐かしい作品です。特に「星の王子様」はなけなしのお小遣いを出して購入したほど、その作品に愛情を感じるという1冊でした。
本の中でキツネさんが王子様に言うんですよ。
「こころで見なくちゃ、物事は見えないってことさ。肝心なことは目には見えないんだよ。」・・・と。その場面が大好きで、なんどもそのページをめくったりして・・・
ほんとうに、懐かしさの込み上げる作品です。もちろん、今でも手元にあります。

読書も、好きな人もいれば嫌いな人もいることでしょう。だから、人に勧めるのもとても難しいです。私も運動をしなさいと言われたら困りますので・・・
でも、感動したよ、面白かったよ!と伝え合ったり、一歩進んで共感し合えたりできるなら、そこに友情だって生まれるかもしれない。
そう思うと、やっぱり読書っていいわよ~と中学生の皆さんに声を掛けずにはいられません。
 

レンタル掲示板
/11