teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


すごい情報が

 投稿者:みどり  投稿日:2017年 4月 2日(日)23時53分43秒
  なんと、来年八王子でも!
大変なことに。

あと、27日。
 
 

八王子でも

 投稿者:担当者  投稿日:2017年 4月 2日(日)17時22分8秒
  実は、八王子でも開催します。今年度。

http://www.yumebi.com/scd.html#link06

 

ええ~(悲)・・・突然中止・・・

 投稿者:とびうお  投稿日:2017年 4月 1日(土)22時36分59秒
  エイプリルフールです。

あと28日!
 

楽しみなムットーニパラダイス

 投稿者:みどり  投稿日:2017年 3月31日(金)16時44分4秒
  今回は会期が二ヶ月間もあり、土日の上演会も楽しみです。
なかなか行かれないけど、土日に限らず極力通いたいと思ってます。
平日に一日入り浸るのもいいものですよね。

カウントダウン、一日抜けてしまいましたが

あと、29日!
 

おそろしいものが

 投稿者:とらぬたぬき  投稿日:2017年 3月29日(水)19時42分27秒
  せたぶんが近づいてきたので、あちこちネット上を検索していたら、
福井県ふるさと文学館所蔵の「おそろしいものが」が同館公式facebookで公開されていました。

https://www.facebook.com/fukuibungaku/videos/1197487413646179/

昨年の11月8日にUPされていたようです。
公式ページの動画だけあって、良い画質で公開されています。

せたぶんまであと約1か月ですね.以前の展覧会ではカウントダウンをやっていのを懐かしく思い出します。

ということで、
あと

  31日。



 

ムットーニ・パラダイス

 投稿者:とびうお  投稿日:2017年 3月21日(火)00時11分2秒
  世田谷文学館はリニューアルに向け、ちゃくちゃくと進捗しているようです。
もちろんムットーニの展覧会「ムットーニ・パラダイス」も!

チラシや新作とおぼしき作りかけの箱や、販売されるのであろうマスキングテープやらの
画像アップが続いております。それでなくとも桜の季節の前で気持ちもそわそわしているところ
なのに、心中穏やかではいられませんよねぇ・・

なんと4月29日、リニューアル初日は入場料無料なんだとか。
たくさんの方にムットーニ30年の集大成を見ていただけることでしょうね。
とにかく楽しみです。(などと久々書き込んだりして)

 

2017年春・世田谷文学館で「ムットーニ展」

 投稿者:みどり  投稿日:2016年12月27日(火)11時05分7秒
  世田谷文学館のサイトにはまだ情報が出ていませんが、文学館の公式Twitterでは
来年の「ムットーニ展」の情報が出ています。

以下はTwitterの情報のコピペです。


【速報】リオープン後、最初の企画展はムットーニの展覧会を予定しています。
会期は2017年4月29日~6月25日の予定。世田谷文学館では10年ぶりとなる個展です。
現在鋭意準備中。乞うご期待。


https://twitter.com/SETABUN/status/809326849436196864
 

世田谷文学館ニュース

 投稿者:みどり  投稿日:2016年12月27日(火)10時37分31秒
編集済
  世田谷文学館のサイトを観たら、文学館ニュースがダウンロードできるようになっていました。

64号では「ムットーニのからくり劇場」の紹介がカラー写真で出ています。

62号では去年のセタブンマーケットの紹介があります。
会場に来てるお客さんの写真に、ムットーニファンの皆さんも数人写ってましたよ。



http://www.setabun.or.jp/report/pub_news.html
 

福井ふるさと文学館&「蜘蛛の糸」展

 投稿者:みどり  投稿日:2016年12月 6日(火)19時22分17秒
  先々週は、福井ふるさと文学館の「文学からくり箱展 ムットーニの世界」、先週は豊田市美術館の「蜘蛛の糸」展へ行ってきました。

福井ふるさと文学館は会場入ってすぐ展示があり、2グループに分かれての展示でした。
2グループが一緒に稼働なので片方を見てると、もう片方が気になりますが
1時間いればすべての作品が鑑賞できるようになっていました。
福井ふるさと文学館の常設作品「おそろしいものが」のほかに、世田谷文学館の作品、そして
「テンペスタ」もありました。

豊田市美術館は、初めて行きましたが「蜘蛛の糸展」は見応えありますし、
カフェあり、茶室もあり、別館もありで時間が許せば1日いたかったです。
ちなみに私は開館10時とほぼ当時に入館し14時30分頃までいました。

予約した「蜘蛛の糸」展の図録も今日届きました。
武藤さんの作品はカラー写真4枚(4ページ)使って紹介されています。
 

豊田市美術館

 投稿者:ゆき  投稿日:2016年11月 3日(木)18時40分2秒
  豊田市美術館の「蜘蛛の糸」展行ってまいりました。
会場が第1と第2に別れていて、ムットーニさんの作品は第1会場にありました。
作品は芥川龍之介の「蜘蛛の糸」をモチーフにしたものですが、部屋割りの関係なのか、展覧会の「芥川龍之介『蜘蛛の糸』」コーナーではない場所に展示されていました。(「蜘蛛の糸」コーナーは第2会場)

また、作品稼働時間は毎時00分と30分に決まっています。
豊田市駅や新豊田駅から徒歩でお越しの際は、美術館入口まで少し急勾配の坂を登ることになりますが、登りきると、良い景色が臨めますので頑張って登りましょう!(笑)
 

レンタル掲示板
/145