teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


RE:日産グループCM情報

 投稿者:  投稿日:2017年11月 1日(水)20時38分53秒
  詳しい情報ありがとございます。
長年の謎が解けました。(笑)
 
 

日産グループCM情報

 投稿者:  投稿日:2017年11月 1日(水)13時05分46秒
  http://www.nissan.co.jp/AP-CONTENTS/POSTOFFICE/ANSWERS/5132.html

>「ムットーニ」篇 (ピアノ曲)
>放映時期 1993(平成5)年6月~(終了)
>CM曲:タイトル 「マドレーヌ」
>CM曲:作詞/作曲 作曲:グイード・チェルゴリ(Guido Cergoli)
>CM曲:
>レコード会社/CDナンバー CM曲のCDは発売されていません

 

CMの曲

 投稿者:  投稿日:2017年11月 1日(水)06時10分6秒
  昔から気になってたのですが
このCMのBGMは何て曲ですか?
http://www.youtube.com/watch?v=k_wRJ4KINoA
 

ケンジタキギャラリーで個展

 投稿者:とらぬたぬき  投稿日:2017年10月30日(月)17時03分46秒
  ケンジタキギャラリー東京で個展が開催されるようです。
12月14日~1月13日
 

「ア・ラ・カルト」ゲストに自動人形師ムットーニ

 投稿者:ピアス  投稿日:2017年10月23日(月)13時24分10秒
  高泉淳子さん主演の毎年恒例のライブ・ショー「ア・ラ・カルト」に、ムットーニさんがゲスト出演されるそうです。

会場:モーション・ブルー・ヨコハマ
ムットーニ出演日:12月15日(金)19:30~

※ムットーニゲスト出演は1日のみ

※その他開催日程、出演者、料金等の詳細は会場HPをご参照ください

会場HP
http://www.motionblue.co.jp/special/alacarte2017/

高泉淳子さんFacebook
https://www.facebook.com/takaizumix

高泉淳子さんのFB記事に
>今回は個展の最中、無理を言って、無理矢理、お頼みしました。
>クリスマスにどの作品を持ってきてくれるか、楽しみです!
との記載がありました。
ア・ラ・カルトと同じ時期にムットーニさんの個展も開催なら併せて楽しめて嬉しいですね。
 

調べてみましたが

 投稿者:とびうお  投稿日:2017年10月22日(日)14時56分38秒
  私の知っている限り、月間MОEには二度ほどムットーニが掲載されていまして、
両方を見てみたのですが、どちらにも関連グッズの通販らしきものは確認できませんでした。
もしかすると私の知っている以外に掲載されている月間MОEがあるか、
ポチさんの記憶違い(失礼)なのかもしれません。

ただ、残念ながら、ムットーニ関連でそのようなレプリカが販売されたという話は
聞いたことがありませんので、ムットーニのテイストでオートマタコレクターの
北原照久氏が販売したオルゴールの可能性があるのかもしれません。
 

ムットーニ氏のオルゴール?!

 投稿者:ポチ  投稿日:2017年10月16日(月)19時29分34秒
  古い実家の売却に伴う家財整理でバタバタ片付けていたら
洋間の片隅から古いオルゴールが出てきました。
モチーフは「空飛ぶ円盤に乗り、月世界へ新婚旅行に向かう一組の男女」。
ネジを廻すと「 Fly Me to the Moon」が奏でられます。

少女だった頃に愛読していた「月刊MOE」で「ムットーニ特集」があり
巻末の関連グッズ通販カタログコーナーで一目惚れして購入したというものでした。
地方住まいの学生の私はそれまでムットーニこと武藤氏を知らなかったのですが
掲載された数々の作品のレトロモダンな造形に痺れた記憶があります。

しかし、件のオルゴールは、果たして武藤氏の作品のレプリカであったのでしょうか?
今となっては特集が載っていた号も既に手元にはなく
過去の作品をググっても該当する様なものは見当たりません。
もしかしたら、特集にちなんで「ムットーニっぽいファンタジックなカラクリ雑貨類」を
それっぽく販売していただけなのかもしれません。

今見ても全体のテイストはすごくムットーニっぽいんですが・・w
当然ながら、ネジを廻しても曲が流れるだけで人形等は動きません。
元々の作品に似せて作った所謂「レプリカ」の陶製の置物です。


 

ヒツクリコガツクリコ ことばの生まれる場所

 投稿者:とらぬたぬき  投稿日:2017年 9月20日(水)15時30分48秒
  ピアスさんが紹介されている前橋文学館のHPを見ていたら
「ヒツクリコガツクリコ ことばの生まれる場所」(10/20~1/16 開催)の
参加作家の中にも武藤さんの名前がありました。

チラシには「題のない歌」の写真が紹介されています。

  ↓

http://www.maebashibungakukan.jp/wp-content/uploads/2017/08/c0c36ccfd72315191d2660c8a89aeb2f.pdf


 

前橋文学館HP

 投稿者:ピアス  投稿日:2017年 9月13日(水)09時31分4秒
  先程の投稿に記載を忘れてしまいました。
情報元はこちらになります。

前橋文学館
http://www.maebashibungakukan.jp/event



 

前橋文学館でムットーニ ミニ上演会

 投稿者:ピアス  投稿日:2017年 9月13日(水)09時28分54秒
  >萩原朔太郎の「題のない歌」と「猫町」をモチーフとした作品のほか、数々のからくり劇場の映像作品の上映会を中心に、展示室での実演も行います。思わぬ制作秘話が聞けるかも。


>期 間:2017年11月04日(土)
>会 場:前橋文学館 3階ホール
>時 間:14時~
>入場料:無料

>定員80名
>お申し込みはお電話にて文学館まで。(235-8011)

 

レンタル掲示板
/146