teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


メールアドレス知らせてネ

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 9月17日(日)12時57分21秒 ntkngw031241.kngw.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  会報でお願い致しました、会員各自のメールアドレス登録お願い致します。  
 

新年会開催のご案内

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 1月 4日(水)13時49分54秒 ntkngw084188.kngw.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  日時 平成29年2月4日(土)  17:00~

場所 王居 (狛江駅前)  03-5761-3883

会費 4,000


 

新年会開催のご案内

 投稿者:管理者  投稿日:2016年 1月 3日(日)15時26分59秒 36-3-183-79.kanagawa.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
  新年会開催のご案内


日 時: 2月7日(日)11:30~


場 所: 東京アメリカンクラブ


(東京都港区麻布台2-1-2   03-4588-0687)

会 費: 5,000円


詳細は各自に発送の予定


 

第三回定期総会日程

 投稿者:管理者  投稿日:2015年 4月29日(水)09時30分58秒 36-3-183-79.kanagawa.fdn.vectant.ne.jp
返信・引用
  第一回中村昌弘の会のご協力有難うございました。
書面にて通知いたしましたが
第三回定期総会の日程が決まりました。
 5月9日(土)11:00~ 岩戸地域センター会議室
 懇親会を引き続き開催  多数のご参加をお待ちしております。
 

お久しぶりです。

 投稿者:大川 昭博  投稿日:2014年 4月24日(木)21時26分50秒 FL1-119-242-104-49.kng.mesh.ad.jp
返信・引用
  お久しぶりです。
昨年10月、パソコンの調子が悪くなり、後援会のページが開けない状況に。。。
とりあえず修理に出して事なきを得ましたが、そのあと超多忙状況で書き込みもできずにいました。
先日、中村さんシテの「富士太鼓」を鑑賞しました。
これはその時の感想を、中村さんあてにお送りしたものです。

シテの表情にずっと注目していました。
最後まで「割り切れない」思いが出ていたように、私には感じました。

お隣の韓国で、なんともやりきれない船の事故があったからでしょうか…
理不尽な出来事で大切な人を奪われ、取り乱し狂乱する「かなしさ」をずっと感じていました。

舞台で印象的だったのは、狂乱する母親を前に、母親の苦しみを痛いほどわかっていながら、声もかけられず、ずっと見つめ、じっと耐えている子方の姿…
そして、うつむき加減に座っている地謡の人たちも、「何かしてやりたいけど、なにもできない」という周囲の人たちの思いを無意識に表現しているように感じました。

能には、「藤戸」や「天鼓」のように、理不尽な命の奪われ方をした人が扱われていますが、他の曲の登場人物が、運命を受け入れている、というか、なんだか「物分かりのよさ」を感じてしまうのに比べ、今回の「富士太鼓」は、最後の最後まで「割り切れない」「納得できない」、でも「何もできない」人間の無力さを前面に出しているように思います。

これは私の、その場での勝手な解釈なのですが、詞章上は仇を打ったように表現されていますが、はっきりそうとは書かれていません。
これは、「割り切れなさ」を強調するために、わざとぼやかして表現したのではないか、仇を討ったかどうか、そんなことはどうでもいい、仇を討っても、討たなくても、悲しみは変わらない、ということを作者は言いたかったのではないでしょうか。

とすれば、あの舞は、悲しい現実を受け入れた後の、何年間もの長い長い苦悩の時間、そして人が悲しみを少しずつ受け入れていく時間、を表していたように思います。

中村さんが講座の解説にも書いていたように、美しい詞章だったと思います。ただ、それ以上に私には、人の悲しさ、憂いというものが伝わってきたように思います。

「富士太鼓」、また何かの機会に、鑑賞したいと考えています。
 

第二回定期総会日程

 投稿者:管理者  投稿日:2014年 1月25日(土)10時21分54秒 219x123x7x186.ap219.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用
  素敵な年賀状が会員の皆様に届きましたネ
新年会盛会でしたネ
新年会でも紹介いたしましたが第二回定期総会の日程が決まりました。
 4月26日(土)13:00~  JAマインズ狛江支店会議室
 懇親会を引き続き開催  多数のご参加をお待ちしております。
 

定期総会&しんゆり能

 投稿者:大川 昭博  投稿日:2013年 5月 6日(月)10時56分50秒 FL1-111-168-41-7.kng.mesh.ad.jp
返信・引用
  皆様こんにちは
先日の定例総会の会報と写真届きました。ありがとうございました。
準備がいろいろ大変だったと伺いました。本当にお疲れ様でした。
おそばとお土産のお赤飯はとても美味しく頂きました。
懇親会会場では辻先生から、その周りの方々と一緒に、同じ日に公民館に出品していたお面「長霊癋見(ちょうれいべしみ)」のお話をおうかがいしました。先生に「どんな曲で使うのですか」とお尋ねしたところ、「忘れちゃった…」とのこと(笑)。あとで中村さんから「熊坂」で使うのだと教えていただきました。「熊坂」も是非見る機会があればと思います。

さて、5月3日は地元川崎・しんゆり芸術祭の一環として行われた、能・狂言特別講演「人間国宝の共演~友枝明世と山本東次郎」に行ってきました。
この日の演目は「羽衣」と「木六駄」でした。どちらも2度目でしたが、特に羽衣は何度見てもいい曲だと思いました。

終わってから、歌人の馬場あき子さんが司会で、お二人とのトークがありました。
山本東次郎さんは、木六駄をお酒も飲めない18歳で初めて稽古した、とのことで、酔ってふらつくところは、師匠から「最初からふらつくんじゃなくて、『まっすぐ立とうとしてふらつく』ようにしなければだめだ」と叱られたそうです。なるほど、奥が深い…
また、友枝昭世さんは、「羽衣」の天女を演じる時、「人間臭くないように演じるようにしている」というお話をされていました。確かに流れるような美しい舞でした。でも羽衣を取られて悲しみ、返してもらって喜び舞う天女って、とても人間的ですよね。とすると、「人間性」というのは、もしかしたら天が一人一人に与えてくれるのかもしれない、などと考えておりました。

次の中村さんの舞台も楽しみです。

それではまた…
 

第一回 定期総会無事終了の御礼

 投稿者:管理者  投稿日:2013年 4月22日(月)13時56分30秒 219x123x7x186.ap219.ftth.ucom.ne.jp
返信・引用 編集済
  平成25年4月20日「第一回 定期総会」開催にあたり、悪天候にも関わらず多数のご参加を頂き有難う御座いました。
何分、第一回目ということで至らぬ点も多々有ったこと存じますが、これに懲りず、今後とも宜しくお願い申し上げます。
 

御伽草子とむいから民家園

 投稿者:大川 昭博  投稿日:2012年10月28日(日)07時50分38秒 FL1-119-244-223-125.kng.mesh.ad.jp
返信・引用
  皆様こんにちは

昨日は、日本の文化にたっぷりと浸った1日でした。

午前中は、サントリー美術館で催されていた「お伽草子展」へ。
室町時代に、古来から民間に伝わる説話集の絵巻物を集めたものですが、「道成寺」や「敦盛」「土蜘蛛」等の曲と微妙に重なる部分がたくさん感じられます。狂言も同様、落ちたものは拾ってはいけない、と和尚にいわれた小坊主が、落馬した和尚を助けないで踏みつけてしまう、というお話は、そのまま狂言に使えそうですね。

そして夕方、むいから民家園へ…
こちらは妻と二人で出かけましたが、民家と明かりを上手に使った素晴らしい演出…
間近でお囃子をじっくり聞けますし、目の前の舞は迫力満点です。
特に栗林さんの盤渉音取、「紅葉狩」の囃子の変化、お汁粉もおいしく、民家の上にぽっかり浮かぶ月が印象的でした。

妻は、ファンだった山井さんとお話ができて喜んでいましたが、大鼓の大倉さんや普及会のみなさま、そして当日裏方で頑張っていたこどもたちにも、ねぎらいとエールを送りたいと思います。

またこのような企画を楽しみにしています。
民家園での能楽実現も期待しています。

それではまた…



 

邯鄲

 投稿者:大川 昭博  投稿日:2012年 9月18日(火)21時51分37秒 FL1-119-244-223-125.kng.mesh.ad.jp
返信・引用
  皆様、はじめまして。
今回、崎山様のご案内で、後援会に入らせていただきました、大川と申します。
さて、9月15日に矢来能楽堂で中村昌弘師の「邯鄲」を鑑賞しました。
唐物は昨年川崎能楽堂で見た「天鼓」以来でしたが、これまで私が見た中で、一番心に残る舞台でした。

廬生が悟ったものは、何だったのでしょうか。
私たちにとって楽しいこと、心地よいこと、そして幸せだと思えることは、実は一瞬のうちに終わってしまいます。
それでもそういう瞬間は、必ず私たちの心に残り、私たちの心に充実感と安らぎを与えてくれます。
たとえ夢であったとしても、あるいはほんの一瞬の出来事であったとしても、それは決してむなしいものではない、廬生は深い充実感と心の安らぎを感じさせてくれた邯鄲の枕に感謝して、宿を立ち去ったのではないかと思います。
そんな感想を持ちました。私にとっても、充実した時間でした。

これからも、拙い感想ではありますが、鑑賞の度にせっせと書き込みをして、このHPを盛り上げたいと考えております。
みなさまのご感想もお伺いできれば幸いです。

次回、むいから民家園のコンサートも楽しみです。

それでは、これからもどうぞよろしくお願いします。
 

レンタル掲示板
/2