teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


7/12(日)千里エコー練習報告

 投稿者:千里エコー  投稿日:2015年 7月12日(日)22時01分8秒
  こんばんは。

暑い日曜日でしたね。
今日は、7/20(祝・月)の第3回OB法関に向けての最終練習。
阿倍野市民学習センターに場所を移して特別練習しました。

最初、31期:松原氏の指導で関西大学学歌を楽譜に忠実に練習。
その後は、27期:下井田氏の指導で単独ステージ曲「水墨集・第二」を、
練習しました。

今日指摘された注意点を最終確認して、本番前日の7/19(日)東京での
練習会場である滝野川会館にご集合お願いします。

最高に素敵なコンサートになるように頑張りましょう!
各自お身体ご自愛ください。

本日、8月から練習する黒人霊歌の楽譜も配布されました。
OB法関が終われば、リスタートです。
よろしくお願い致します。

≪今後の予定≫
7/19(日)  13:00 東京・滝野川会館集合
             (単独のみの方は16:00集合)
7/20(祝・月)10:00 浅草公会堂集合
        13:30 開演
        15:18 終演予定
        16:05 打ち上げ(マイアミガーデン浅草雷門店)
        18:00 打ち上げパーティー終了予定
8/2(日)13:00~17:00 大阪産業創造館15F・A室

※今後のスケジュール並びに練習場所の確認は下記URLをクリックして下さい。

http://www.kugc-ob.gr.jp/bukai/senri/index.html

 
 

練習メモ

 投稿者:39期 津野  投稿日:2015年 7月 5日(日)21時24分3秒
編集済
  7月5日(日)本日の練習メモです。
OB法関演奏会前、田中信昭先生第4回ご来阪レッスンでした。
練習に参加された皆さま、お疲れ様でした。

「合唱のためのコンポジション第6番」
<第一楽章>
①P6 3段目 2カッコ 「ヨー」
・クレッシェンドを自然に。楽譜にそう書いてあるからそう歌ってます、
というのが見えてしまうと興冷め。気持ちを込めて。

②P8 練習番号8
・Tenorの「はなもホー」の音程がまだ不安定。確実に。

③P9 3段目 セーノーショ
・リラックスした表現で。遊びの部分をもっと感じること。
・セーノーショの後の3小節はレガートで。

④P9 4段目 チョイ チョイ
・スタッカートが付いているが、短くブツ切れになり過ぎないこと。

<第二楽章>
⑤P15 2段目 ホーリャ
・セリフの後の休符にもしっかり意思を込める。セリフが無駄に延びないように。

⑥P16 2段目
・セリフの後の音程。再度確認。

⑦P19 最後の「リャー」
・音程が下がらないこと。

<第三楽章>
⑧P21 1段目最後 グリッサンド+クレッシェンド
・グリッサンドは早すぎないこと。クレッシェンドは確実に。ff→fff

⑨P23 練習番号5 大漁節の場面
・掛け合いの下3パート、「ヘイー」は魚が釣れて網を力強く引くように。音量はpだが、力が抜けたようなヘイーにならないこと。それに続く掛け合いも同様に。息を混ぜて歌うこと。

⑩P28 2カコ 最後の「リャー」
・今までと違う声で。

⑪P29 最後 ドヤラドイ
・クレッシェンドを確実に。

<風>(柴田南雄 作曲)
⑫全般に
・休符は確実に。但し、流れが途切れないように。
・強弱のメリハリ
・長いフレーズを感じて歌うこと

⑬最終段「われいよよ ゆられはじめぬ」
・深い感動を感じて歌う。

今回は、大阪での田中先生のご指導としては、本番前最終練習でした。コンポジションも風も、表現、遊び、曲や詩の背景といった切り口でのご指導が中心だったと思います。団内の練習ではやはりそれぞれの曲の深い部分を表現するには至らない点を、先生の棒で少しは引っ張り出していただいたように思います。4月19日、5月31日、6月7日、7月5日と4回のご指導を思い出し、我々がどういう演奏をしたいのか、という視点で改めて自分の演奏を見直し、本番に臨んでいただければと思います。
 

7/5(日)千里エコー練習報告

 投稿者:千里エコー  投稿日:2015年 7月 5日(日)21時03分51秒
  こんばんは。

今日は田中信昭先生、大阪での最後のレッスンでした。
先生が来られるまでの30分、39期:津野氏の指導で
アンコール曲と「合唱のためのコンポジション6番」より
Ⅰ、Ⅱをチェック。

13:30から16:00まで田中信昭先生の指導で
Ⅰ、Ⅲ、Ⅱの順番で練習。
歌舞伎の雰囲気も取り入れてご指導いただき、コンポジション6番の
音楽としての楽しさを感じながら練習できました。
最後にアンコール曲を練習。
前回同様に詩の解釈も突き詰めての演奏を目指します。

次回は本番前日の東京での田中レッスンです。
本日注意されたこと、忘れないで臨みましょう。

≪次回の練習≫
7/12(日)13:00~17:00 阿倍野市民学習センター・スタジオ
                   (あべのベルタ3F)

※今後のスケジュール並びに練習場所の確認は下記URLをクリックして下さい。

http://www.kugc-ob.gr.jp/bukai/senri/index.html

 

6/21(日)千里エコー練習報告

 投稿者:千里エコー  投稿日:2015年 6月21日(日)21時19分13秒
編集済
  こんばんは。

6/20(月・祝)の第3回OB法関に向けての練習も終盤になってきました。
今日は、27期:下井田氏の指導で単独ステージ曲「水墨集・第二」を終日、
練習しました。90%の団員は暗譜で歌ってました。

とりわけ今日は演奏するにあたってのダイナミックスの指揮者との約束事を、
確認しながらの練習でした。

全7曲、どんな流れで歌っていくか、もう一度再確認しておきましょう!

次回7/5(日)の練習は本番前、大阪での最後の田中レッスンです。
「合唱のためのコンポジション6番」もう一度ご確認下さい。

≪今後の練習≫
7/ 5(日)13:00~17:00 大阪産業創造館15F・A室
7/12(日)13:00~17:00 阿倍野市民学習センター・スタジオ

※今後のスケジュール並びに練習場所の確認は下記URLをクリックして下さい。

http://www.kugc-ob.gr.jp/bukai/senri/index.html

 

第117回千里オープン速報

 投稿者:管理者  投稿日:2015年 6月21日(日)00時13分34秒
  こんばんは。

第117回千里オープンが本日(6/20)、梅雨の晴れ間に、開催されました。
激戦の中、17期:生駒(旧姓・長谷川)氏が優勝されました。

成績表は、千里オープンのページにアップしていますので、ご覧下さい。

http://www.kugc-ob.gr.jp/bukai/golf/index.html

 

6月7日(日) 練習メモ

 投稿者:39期 津野  投稿日:2015年 6月 7日(日)20時33分7秒
編集済
  本日の練習、お疲れ様でした。
7月20日のOB法関合同曲「合唱のためのコンポジション第6番」と「風」(柴田南雄先生作曲、田中信昭先生編曲)の本日の練習メモです。
先週に続き、田中信昭先生にご来阪いただき、3回目のご指導を受けました。
単独曲も仕上げに入りますし、次回の合同曲の練習は7月5日(日)になります。一ヶ月空きますので、後退することの無いよう、復習をお願いいたします。


<第一楽章>
①全般的な注意点
・ダイナミクスを明確に。気を緩めるとmf~ffのみに限定され、音楽ではなく雑音になります。特に人数の多いBassは注意してください。
・良く聴き合うこと。ピッチを合わせる、縦を揃えることに注意を払ってください。
・情景を想像すること。生駒山のお話もありましたが、一回目の練習で言われた『芸当』の世界に近づくよう考えて歌いましょう。

②P8 1段目 ffヤー mpンー ffリャーヨー
・ヤーの音程が合わないため、口の空け方、発音の仕方、ピッチの合わせ方を時間をかけてご指導いただきました。無駄に大きく空けると余計な力が入ってしまうということだと思います。ここはヨーロッパ式の発声方法で歌う、というお話もありました。唇を金管楽器のベルのように作り、母音を作る点をご指導いただきました。
・周囲の音に関心を持ち、豊かな響きで歌うよう意識してください。

③P8 練習番号8
・パートソロの歌い方に改善が見られました。バックコーラスはパートソロとは関係ないとばかりに歌ってしまう箇所がありました。音量を落として、パートソロを際立たせましょう。

④P9 4段目2小節目
・前回も指摘がありましたが、BaritoneのサーノーのGの八分音符が他パートの後の音程に影響します。ppなので出過ぎてはいけませんが、しっかり響きを当ててください。

⑤P9 最後3小節
・休小節では不用意に動かないこと。曲はまだ終わってません。


<第二楽章>
①冒頭
・田中先生にダメ出しされない限りは、音取り無しで進みたいと思います。
 テナー系は自信無さそうに入ってましたが、音程は合って来てます。歌う以上はしっかり歌いましょう。そういう状況ですが、ベースは音が取れるようになったと思います。後退しないようにお願いします。

②P12 練習番号3 Tenor Soli
・ホーリャ、イェーのピート(音符上部に○印のある箇所)をしっかりと。

③P15 4段目 3小節目
・八分休符が短くなりがち。ここは1拍が八分休符と十六分音符の三連符です。八分休符で2ツ分しっかり休みを取りつつ、そこで音楽が途切れないように注意しましょう。

④P16 4段目~P17
・休小節の後の音取りが難しいところですが、再度見直してください。


⑤P19 全般
・ダイナミクス、特にpやディミネンドを楽譜に忠実に歌いましょう。3段目4小節目のディミネンドは何度も注意されてますが、まだ中途半端です。

・最後4小節は、しっかり口を開いて、ピッチを合わせましょう。


<第三楽章>
①冒頭
・Tenor Soliは、皆歌えよ、という気持ちを込めて。

②P21冒頭
・ヒンヤーの『ヤー』はffだが、アクセントは付いていない。アクセントのような歌い方にならないこと。神社の芸能なので、豊かな響きで歌う。縦を揃えることも忘れないように。

③P23 練習番号5
・バックコーラスは、赤銅色の肌の漁師をイメージして歌うこと。音量はpのところも、迫力を持って歌うこと。リズムは変則的で、もう100回くらい練習したと思いますが、まだ完璧ではありません。ずれないようによく注意してください。

④P24 2段目 ヨホー
・ヨは16分音符、ホは付点八文音符です。ホにアクセントはありません。

⑤P28-P27 一カッコ~繰り返し
・どこに戻るか、見失う方が1/4くらい居られます。自信が無い方は、色付きのペンで印を付けておいてください。



<風>
①全般
・コンポジションでご指導を受けた口の空け方、ピッチを合わせること、縦を揃えること、ダイナミクスなどが、別の合唱団かのように出来てません。よく見直しをお願いします。

②P6 冒頭ダイナミクス
・一段目pp~クレッシェンド~p~クレッシェンド~mpと続きます。
・ニ段目はp~最後はmfです。遠くから風が迫ってくる緊張感を持って歌いましょう。

③P6 3段目 転調部
・ダイナミクスがfですが、雑音にならないよう、よく聴きあってください。

④P7 3段目 Tempo Ⅰ
・転調の音をしっかり入ってください。

⑤P8 4段目
・輝けどそは遠し、は輝くように。今日の練習ではまだ音楽の表現まで至ってません。

今日の練習では細かなところまでは出来ませんでしたが、コンポジションの練習で指摘された内容を意識するだけで大幅に改善出来るはずです。コンポジションの仕上がりは良い感じですが、同じレベルまで持って行きましょう。練習時間も無くなって来ましたので、各自での復習をお願いいたします。
 

6/7(日)千里エコー練習報告

 投稿者:千里エコー  投稿日:2015年 6月 7日(日)19時33分20秒
  6月梅雨の晴れ間の日曜日、先週に引き続き、
千里エコーは田中先生レッスンでした。

先生が来られるまでの30分、39期:津野氏の指導で
「合唱のためのコンポジション6番」より
Ⅰ、Ⅱ、Ⅲをチェック。

13:30から16:00まで田中信昭先生の指導で
Ⅲ、Ⅰ、Ⅱの順番で練習。
先生からのお褒めのお言葉もいただき、最後にアンコール曲を
練習。曲が北原白秋の詩なので、詩の解釈も教えていただき、
先生のお母様が北原白秋と知り合いだったという逸話も
披露していただきました。

本番までの大阪での田中レッスンは、7/5(日)がラストです。
本日注意されたこと、忘れないで臨みましょう。
細部は39期:津野氏の練習メモをご確認ください。

≪今後の練習≫
6/21(日)13:00~17:00 大阪産業創造館15F・B室
7/ 5(日)13:00~17:00 大阪産業創造館15F・A室
7/12(日)13:00~17:00 阿倍野市民学習センター・スタジオ

6/21(日)はB室ですので、お間違いのないようにして下さい。

※今後のスケジュール並びに練習場所の確認は下記URLをクリックして下さい。

http://www.kugc-ob.gr.jp/bukai/senri/index.html

 

5/31練習メモ

 投稿者:39期 津野  投稿日:2015年 5月31日(日)20時53分21秒
  本日の練習、お疲れ様でした。
7月20日のOB法関合同曲「合唱のためのコンポジション第6番」本日の練習メモです。

4月19日に続き、2回目の田中信昭先生のレッスンでした。
前回と同じご指摘を受けた個所は少なかったと思います。(いくつかありましたが)
全般に強弱の幅が出来て、メリハリのある仕上がりになっている所もありますが、まだまだ音楽になってない箇所も多く見受けられます。各自での復習をお願いします。


<第一楽章>
全般的に相手を思いやり、楽しく歌うこと。

①P5 練習番号1の前
・ここはノンブレスで。

②P6 三段目 繰り返し2カッコ「ハレノ」
・アクセント、テヌート、フェルマータがあります。「ハレノ」の「ノ」はnの響きと音程をしっかり合わせましょう。

③P8 1段目 ffヤー、mpンー、ffリャーヨー
・アゴを落として響き、音程を確実に。

④P8 2段目 練習番号8
・バリトン以外はpp。音量に注意。バリトンSoliを際立たせる。
・花がきれいだ、という景色の美しさに、ため息が出るよう感動、驚きをpp等の弱音で表現している箇所。決してmf以上にはならない。
・悲しい歌にならないように。無意識に歌うと音程が下がって、悲しい暗い歌に聴こえます。

⑤P9 4段目
・バリトン「サーノー」のG(ナチュラル)の音程が、他パートの音程の指標になるので確実に合わせること。

⑥P9 最後
・休小節があります。その間、不用意に体を動かしたりしないこと。


<第二楽章>
①P15 2段目
・ホーリャの次の小節(休小節)の一拍目に「ポン」とつなぐような勢いで歌う。

②P15 4段目
・Bass「アリャガ 八分休符 デ(アクセント)」のデが早すぎないこと。

③P18 2段目
・最後の四分休符を確実に。

④P19 2段目
・「祓い申せば、祓い申せば」pからクレッシェンド、「は」の子音を適度に明確に。

⑤P19 3段目
・4小節目のディミネンドは急激に音量を落とす。

⑥P19 4段目
・3小節目以降、口をしっかり空けて、響きと音程を確実に。最後の「リャー」は短すぎないこと。


<第三楽章>
①P21 1段目最後
・グリッサンドとクレッシェンドを同時に。グリッサンドだけにならないこと。
 これは同様の箇所がいくつも出てきます。

②P22 2段目
・Bar/Bass Ⅰの人数をもう少し増やす。(Bass数名はⅠを歌ってください)

③P29 3段目最後
・最後の「ドヤラ」はクレッシェンド
・最後の「ドイ」はアクセント
・その後、約2小節は休小節。休小節も演奏の一部なので、不用意に動かないこと。


次週6月7日(日)も田中信昭先生にご来阪いただきご指導いただきます。
団内で復習する時間がありませんので、各自で楽譜の見直しをお願い致します。
またアンコール曲も練習出来るように見直しをお願い致します。
本番まで2か月を切りました。アリオンコールの委嘱作品でもありますし、良い演奏が出来るよう完成度を高めましょう。


 、
 

練習メモ

 投稿者:39期 津野  投稿日:2015年 5月17日(日)20時09分20秒
編集済
  本日のコンポジション6番の練習メモです。
今回も1時間程度で急ぎながらの練習でしたが復習しました。音やリズムの修正だけでなく、フレージングも完成度を高めて行きましょう。

<第一楽章>
①スラー有り・無しの違い
・発声練習の中でも練習しましたが、曲の中でもスラーがかかっている箇所を一音ずつ押して歌う歌い方がまだみられます。よく注意してください。

②P8 二段目
『ホオンー』強弱記号はmf→pですが、『ホ』が出過ぎないように。口の中は大きく開けましょう。

バリトンメロディーの一回目『西根山上がりて見れば花盛り』は、『やーまー』『ざかり』にフレージングのピークを持って来てください。また『あんがーりーて』は鼻濁音をやり過ぎて、不必要に『ん』が突出する声が聴こえます。

バリトンメロディーの二回目『花も花、まんさく花が そよそよと』は『そよそよ』の後の方(小節の頭)にピークを持って来てください。『そよそよ』と春のそよ花が風に揺れる様を歌いますが、地下鉄が走り去った後のトンネル風で揺れるような歌い方にならないようにしましょう。上下のコーラスはP9の頭3小節目でmpとアクセントがありますが、出過ぎないように。音量は、思っているよりも抑えてください。特にベースは関大OBの大阪側だけでも10人以上居ることを考えて、他パートとの音量のバランスを考えてください。パワー全開は、第三楽章の後半まで我慢してください。

③P9 2段目~
・Baritone、Bassそれぞれ『ハレーグレー サーノ』がありますが、『グレー』が出すぎないように。『サーノー(スラー)』は『サーア(アクセント)ノー』ではありません。

<第二楽章>
①冒頭の『テテテテ・・・』はmpですが、言葉は明瞭に出してください。
二拍子の指示ですので、一拍子で押しまくる歌い方にならないよう注意してください。

②P17『 ハマーエー・・・』は6/16拍子から2/4拍子に変わりますがPrestoのままインテンポで歌います。入りが遅れると、P18以降、特に二拍三連のタテが揃いませんので注意してください。

③P19 二段目の『はらいもうせーば』、3段目の『ナハー』は音量を急激にpに落とす効果を出しましょう。


<第三楽章>
①全般に関係しますが、スラーの有る・無しをよく使い分けてください。

②冒頭、一回しか出来ませんでしたが、テンポを注意してください。4拍子、3拍子、5拍子が
不定期に出てきます。微妙なズレが興ざめになります。

③P23 『ン オードローヨー』は、『ン』がnではなくmの方がまだ散見されます。統一をお願いします。

下3パートは、pの箇所は音量を抑えること、『ヘイー』『ホー』の子音を"適度に"出すこと。

④P25以降のセリフ
音程の上がり下がりを忠実に。『ドヤラドヤラドヤラ』は一定の高さで、深い響きで。


次回5月31日(日)は、田中信昭先生にご来阪いただき、2回目の練習です。
当然ですが、前回以上の出来になるよう、集中力を持って歌いましょう。
 

5/17(日)千里エコー練習報告

 投稿者:管理者  投稿日:2015年 5月17日(日)20時03分47秒
  こんばんは。

5月2回目の練習、
最初13:00~14:30は39期:津野氏の指導で、
「合唱のためのコンポジション6番」より
Ⅰ、Ⅱ、Ⅲを練習しました。
5/31(日)は田中先生レッスンです。

続いて、27期:下井田氏の指導で、
14:30~17:00まで、「水墨集・第二」を暗譜練習。
初演演奏の楽譜に少し訂正加除がありましたので、確認しての
再練習の時間もとりました。
各パートで再確認よろしくお願いします。

次回は田中先生レッスンです。
各自コンポの復習よろしくお願いします。、

≪次回練習≫
5/31(日)13:00~17:00 芦屋市立三条地区集会所

※今後のスケジュール並びに練習場所の確認は下記URLをクリックして下さい。

http://www.kugc-ob.gr.jp/bukai/senri/index.html

 

レンタル掲示板
/48